カテゴリー「RSP」の記事

2014.03.20

えくぼ

第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場。

Rsp01

会場は、有名な「ホテル日航東京」で、こちらのホテルからもプレゼンテーションがあった。

Nikko01

ホテル日航東京は1996年オープン。

ゆりかもめからもよく見える印象的な建物は、帆船のイメージで女性設計家の方が設計したそうだ。

Nikko04

全室にバルコニー付きで、お台場の風景が楽しめる。

そしてスライドを見ていた私は気づいたscissors

客室からも

Nikko02

室内プールからも

Nikko05

もちろんチャペルからも

Nikko07

そう、レインボーブリッジが見えるのだsign01

(注:オーシャンビューやパークビューの客室もあり)

お台場には海や緑の公園があり、高層ビルや、工場、倉庫が並び、夜景も美しい。
新交通システムゆりかもめも走っている。
近未来的なイメージの、新しい東京が楽しめるだろう。

今回はイベントで日帰りだったが、機会があったらぜひゆっくりと過ごしてみたい…と思った。

ちなみにこのホテルのキャッチコピーは「しあわせのリンク&スマイル」

Nikko08

ロゴの右下の「.」は「えくぼ」だそうだhappy01

| | コメント (0)

2014.03.18

恋のHAPPY DATES

第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場に登場した

Dates01

UHA味覚糖の「HAPPY DATES」(ハッピーデーツ)を眺めていたら、つい思い出した歌が

石野真子「恋のハッピーデート」…って古いですかcoldsweats01

=====

さて「デート」じゃなくて(笑)「デーツ」とは…
ナツメヤシの実のことで、HAPPY DATESはこれを主原料としている。

Dates04

このお菓子は、マクロビオティック・コーチの西邨(にしむら)まゆみさんがプロデュースしている。
マクロビは「玄米菜食」が基本だが、西邨さんは「プチマクロ」として、週に数回でも菜食を増やしていこうと提唱している。
だからHAPPY DATESの材料はすべて植物性だし、添加物なしでヘルシーだ。

味はデーツ&アーモンド、デーツ&カカオ、デーツ&イチジクの3種類。

サンプルバッグには「デーツ&イチジク」が入っていた。

Dates02

開けたらこんな感じ(ピント合ってなくてスミマセンm(__)m)

Dates03

ドライフルーツのプルーンといちじく、それに黒糖を混ぜてぎゅっと固めたような感じ。
いちじくのプチプチ感もある。
チョコレートくらいの硬さで食べやすい。
あまり甘くないし、ドライフルーツ好きなので、個人的にお気に入りだgood

| | コメント (0)

2014.03.17

ばばんばばんばんヴァーム

「ヴァーム」というと高橋尚子さんや高木ブーさんとか、
♪ばばんばばんばんヴァーム♪という短調(マイナー)なCMソングを思い出してしまう(古っsweat01

さて、第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場にも、そのヴァームが登場。

Vaam02

明治から2月に発売された「ヴァームダイエット」だ。

Vaam00

スマートをめざすアミノ酸「D-V.A.A.M.」が、ムダのないカラダづくりをサポートするというし、砂糖ゼロで低カロリー。パウダータイプやゼリータイプもある。

サンプルバッグにはドリンクタイプが入っていた。

Vaam01

「動く前におすすめ」と書いてあったので、プールに行く日に飲んでみたら…

なんか、いつもより汗をかくのが早いかも~sign02
(注:個人の感想です)

機能性飲料はたくさんあるけど、いつ飲めば効果があるのかわからないことが多い。
このヴァームダイエットのように「動く前に」などと明記してくれるとわかりやすいし、テンションも上がるupのでありがたい。

| | コメント (0)

2014.03.16

3つの「Non」

ミノン」って有名なブランドだけど、この名前の由来は、3つの「Non」だそうだ。

Minon05

Non allergic(アレルギーの原因となるものを含まない)
Non toxic(毒性が少ない)
Non alkaline(アルカリ性ではない→お肌と同じ弱酸性)

…と教えてくれたのは、第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場での、
第一三共ヘルスケア「ミノン全身シャンプー」(しっとりタイプ)のプレゼンテーションだ。

ミノンは、敏感で乾燥しがちな肌の人のために開発されたブランド。

いまやエアコンのおかげで年中乾燥しているが、特に冬場は肌の乾燥がひどくなる。

Minon04

普段は、肌表面のわずか0.02ミリの角質層がバリアとなって肌を守っており、この角質層が壊れると乾燥が始まり、かゆくなる。
そう、「かゆい」は乾燥の始まり=バリア機能低下のサインだ。


Minon02

そして
乾燥する→かゆくなる→かきこわす→肌トラブル→さらにバリア機能低下、という「負のスパイラル」が始まるshock

ミノンは、バリア機能である皮脂を取りすぎずに洗うこと=保湿洗浄を考え、高価にはなるが、バリア機能を守るアミノ酸系を配合することにこだわったという。

Minon06

そして、この1本がサンプルバッグにもドドーーンsign01

Minon07

「全身シャンプー」というからには全身okよね!

ということで、頭、顔(メイク落とし後)、体と全部洗ってみた。

香りはHPのどこかに「フローラル」とあったが、私は「せっけんの香り?」のように感じた。
体の洗いあがりは、しっとりして「洗いすぎてない」と思った。
髪は洗いあがりがきしむ感じなので、コンディショナー使ったほうがよいのかも。
顔はメイク落とし後のためか、ちょっとつっぱったのですぐ化粧水を塗る。

しかし、全身シャンプーってモノを増やさないから、シンプルライフ的にもGoodだし、旅行などにも便利そうだ。

それに、考えてみれば、髪も顔も体も全部つながっているのだから、洗浄料を分ける必要は、本当はないのかもしれない。

| | コメント (0)

2014.03.14

アーニュー?

「アー乳」という言葉、雑誌の広告で見かけて「何それ?」と思っていたら…

Almond01

第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場に登場sign01

Blue Diamond Growers×マルサンアイの「アーモンドブリーズ オリジナル」

Almond06

アー乳とは、アーモンドを水に浸してミキサーにかけて作った、アーモンドミルクのこと。
もちろん植物性で、いま世界中で人気が出ている。
この「アーモンドブリーズ」が日本初上陸のアーモンドミルクというわけだ。

アーモンドにはビタミンE、食物繊維が多く含まれており、脂質もオリーブオイルと同じオレイン酸でコレステロール抑制効果もあるので、最近改めて注目されている食品だ。

Blue Diamond Growersは、100年以上の歴史をもつ、世界最大のアーモンド加工販売企業。ここで作られたアーモンドミルク「アーモンドブリーズ」は、アーモンドの本場アメリカでも№1ブランドだという。

その「アーモンドブリーズ」を日本で製造・販売するのがマルサンアイという会社。
味噌や豆乳を製造している会社なので、アー乳製造もお手の物だろう、と安心できる。

さて今回、RSPのサンプルバッグに「アーモンドブリーズ」のオリジナル味があったので、さっそくいただいてみた。

Almond07

ベージュというか、アーモンドの内側の色だ。
半分グラスに注いでそのままいただく。半分はちょっと温めて飲んでみた。

どちらでもおいしく、ほんのりアーモンドの香りがする。
イメージとしては豆乳(香りが違うけど)、豆乳がアーモンドになった感じ。

オリジナル味は砂糖が入っていて、少し甘みがあり飲みやすい。
「糖分はちょっと…」という人も大丈夫。3月に「砂糖不使用」が発売されたそうなのでアー乳を楽しめると思う。

Almond08

現在販売されているのは、砂糖不使用、オリジナル、チョコレート、コーヒー、紅茶の5種類の、200mLパック。
今後もし1リットルサイズが出てきたら、家族で飲んだり、グラノーラにかけたり、お菓子作りに使ったり…と楽しみが広がるだろう。

| | コメント (6)

2014.03.13

プレミアムアイスGran

第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場の試食タイムには、なんとアイスクリームまで登場sign01

明治「meiji THE PREMIUM Gran」、基本のグランミルク味だ。

Gran03

Gran製作前の調査によると、いわゆるプレミアムアイスの味に満足していない人が意外と多いという(棒グラフ赤が重視度、青が満足度)。

Gran06

特に「濃厚でミルクの多い味」を求めている人が多いそうだ。

そこで徹底的にミルクの味にこだわったGran。
コクをひきだし、ミルク本来の甘みを増やす製法を開発。
また氷の結晶が少ないのでざらつきがなく、なめらかで口どけがよいという。

パッケージを開けたところにもGranがおいしい5つの理由が書かれているので、

Gran05

それを読みながらさっそくいただきます♪

Gran04

確かにミルクの味をしっかり感じる。
しかし甘すぎないし、食べ続けてもなんだかさっぱりしている。

そういえば、従来のプレミアムアイスは、後に残るようなモッタリした感じがあったものだが、Granはそれがなくてすっきりした後味だった。

その後、地元の大型スーパーで取材のために(笑)「グランミルク&マロン味」を買ってみた。こちらもミルクの風味と、マロンクリームもおいしかった。

プレミアムなのでちょっと高めだが、自分へのご褒美によいと思う。

Gran01

↑ブース会場のポスター。
永作さんもおいしそうに食べてますdelicious

| | コメント (6)

2014.03.12

ごろグラ

第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場の試食タイムに、グラノーラが出てきた。

そもそもグラノーラとは「オーツ麦などの穀物に蜜をかけて焼き上げ、フルーツやナッツをかけて食べやすくしたシリアルのこと」(←プレゼンより)。
専門店もできるほど人気のシリアルだ。

今回出てきたのは、日清シスコの「ごろっと果実のグラノーラ」略して「ごろグラ」。

Gorogla08

ドライフルーツがごろっと顔を見せている。
イチゴ、パイナップル、マンゴー、リンゴ、レーズンの5種類が使われているそうだ。
このあと牛乳をかけていただいたが、ほのかに甘く、メープルの香りがして、食べごたえもあり、おいしかった。

Gorogla02

以前は「GooTa(グータ=具多)」というシリーズだったが、素材のごろっとした存在感、食べごたえ、食感を重視してリニューアルしたとのこと。

Gorogla05

ごろグラシリーズは全3種で、この「果実」のほかに「野菜」「大豆」があり、RSPのブース会場では「野菜」や「大豆」の試食もできた。

Gorogla01

特に「大豆」は「果実」よりもっと甘さ控えめだったので、「朝食に甘いものなんか許さん!」というお父さんでもOKかも。

さて、サンプルバッグにも280gが1袋入っていた。
うちでは朝はご飯なので、グラノーラを朝食として食べることは少ないのだが、よくおやつに、小皿にとってそのままポリポリ食べている。

ほんのり甘いからおやつ気分が満たされるし、よく噛むから少しの量で満足できるのでおすすめだ(食べ過ぎ注意danger)。

| | コメント (2)

2014.03.11

バイバイ、ばい菌

年度末を迎え、送別会のシーズンだ。
先日も仕事関係のお別れ会があり、楽しく飲んできたのだが、帰宅すると気になるのが…

コートや服についてしまったニオイ。

今回喫煙者はいなかったので、たばこのニオイはないけど、なんだかどうしても「居酒屋行ってきました~」ってニオイがついてしまうのよね。

で、先日の第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場でもらったサンプルバッグの中からこれを引っぱり出してみる。

コーベヤの「バイバイキーンr-mark」。
「無香料」と「リラックス」の2種類をいただいた。

Byevikeen03_2

二酸化塩素を主体とした除菌剤で、ウィルス、菌、ニオイを除去してくれるとのこと。
しかも安全性が高く、ノンアルコールで、アレルゲン対策もできるというから、花粉症の人にも嬉しい。

Byevikeen01

だからこの名前は、バイバイ(^_^)/~ ばい菌…ってことでいいんだよね(笑)

さて、さっそくコートに「リラックス」をスプレーしてみると、ヒノキのような香り。
その香りが消える頃には、居酒屋のニオイもなくなっていた。

人混みに行くと風邪のウィルスや細菌が心配だけど、それも除去してくれるから安心だ。

スプレーのノズルにストッパーがついているのもありがたいが、ちょっとノズル自体が小さいのか、使いづらいのが残念。

【追記】2014年5月22日 一部表記を変更しました。

| | コメント (0)

2014.03.10

Vegeハッピー!

亀田製菓の「ハッピーターン」ってずいぶん昔からあるよね…

それもそのはず、1976年発売だそう。

こんな豆知識を仕入れたのは、先日の第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場。

新商品「ベジハッピー トマト味/かぼちゃ味」がプレゼンテーションされて、その際ハッピーターンの歴史も少し教えていただいたのだ。

Vegehappy02

当時は第1次オイルショックの影響で、日本中が不景気に沈んでいた。

そこで亀田製菓は、しあわせ(ハッピー)がお客様に戻ってくる(ターン)ようにと、「ハッピーターン」という名前をつけて洋風おせんべいを売り出したって…ええ話や(涙)

さて、その「ベジハッピー」、当日の試食タイムに登場したが、おみやげのサンプルバッグにも。

Vegehappy07

従来のキャンディ包みの個包装ではなく、食べきりサイズの小袋が4つ入っていてこんな感じ。大きさが従来のハッピーターンより2割ほど小さくて、食べやすくなっている。

Vegehappy08_2

トマトの味が濃い。トマトソースみたいで(大げさ?)おつまみにもなりそうだ。

Vegehappy06

かぼちゃ味のほうは、袋をあけると、かぼちゃの香りがほわっと漂ってくる。ほの甘くておいしい。

RSPでのプレゼンによると、生地に野菜パウダーを練りこんで、表面も野菜を使ったハッピーパウダー(調味料)でコーティングしているとのことだった。

野菜の味をしっかり感じるというわけだ。なるほどね~

亀田製菓で研究開発した、お米由来の乳酸菌も配合されているので、お腹にもやさしそうだ。

どちらも人気が出そう(私はかぼちゃ>トマトかな)

=====

ちなみにこちらは、当日の亀田製菓のブース。

Prince

ターン王子もがんばってたね。

| | コメント (2)

2014.03.09

濃厚マンゴースムージー

ここ数年のマンゴースイーツブーム。

いや、もうブームではなく定番になっているかもしれない。

第44回リアルサンプリングプロモーション(RSP)inお台場のメイン会場やブース会場の試食でも、マンゴー味の商品がいくつかあり、どれもおいしかった。

その中のひとつで、今日ご紹介するのは

日本ユニバイト株式会社の「nananスムージー」。
RSP当日の試食タイムにマンゴー&パッションフルーツ味が提供された。

Nanan01

ごくっと一口飲むと…濃いっsign01
パッケージに「トロリ濃厚」とあるが、本当だ。

商品説明によると

Nanan02

ストレート果汁とピューレだけを使った「ヨーロピアンスムージー」。

ウェブサイトによると、ヨーロピアンスムージーは乳製品を全く使わないのだそうだ
(乳製品を使うのは「アメリカンスムージー」)。

しかも砂糖も水も加えない、ということだから、これはまさに「飲む果物」。

サンプルバッグには、このマンゴー&パッションフルーツ味とともに、もう1種類の「ブラックベリー&ブルーベリー味」も入っていた。

Nanan03

こちらもベリーが濃いっsign01

保存料を使っていないそうだが、製造から1年間の保存が可能。
買い置きしておけば、忙しい朝や、フルーツを買い忘れた時や、備蓄にもよいかと思う。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧