カテゴリー「鉄子」の記事

2013.09.26

♪るーるる(大阪編)その5~帰途

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマソングからとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

新潟から大阪へ、
大江千里ライブのために
列車で移動した旅の話、
ついに最終回です。

=====

大阪駅で買った「たこむす」で
お昼にしよう。

Takomusu1


ふたをあけるとこんな感じ。

Takomusu2


おむすびにたこ焼きが乗っている。
当然マヨネーズもついてる(笑)
「天むす」のたこ焼き版だ。

なかなかおいしかったですdelicious

さて、特急サンダーバード15号を
金沢駅で下車し、北越5号に乗り換える。

古いタイプの列車だ。
時間があったので正面顔?を撮ってみる。

Hokuetu

この北越号で
金沢から新潟県の新津駅に向かうが、
途中でJR西日本から東日本になり、
乗務員が交代する。

JR西日本と東日本では
アナウンスがちょっと違っていた。

気がついたのは、たとえば

●「1番ホーム」という場合
  西→「1番のりば」
  東→「1番線」

●「○○駅には○時○分に…」
  西→「着きます」
  東→「到着します」

西→誰でもすぐわかる
東→原稿に忠実
という感じだろうか。

…なんてことを考えたり、
昨日のライブを思い出してみたり、
ラスクの残りを食べたりして
のんびり列車に揺られていた。

新津駅から信越線で
家の最寄駅の荻川へ。

無事に帰宅し(帰るまでが遠足だ)、
旅の話もこれにて終了ですm(__)m

| | コメント (8)

2013.09.25

♪るーるる(大阪編)その4~琵琶湖

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマソングからとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

新潟から大阪へ、
大江千里ライブのために
列車で移動した旅の話、4回目です。

=====

大阪駅から
特急サンダーバードに乗り
金沢に向かう。

時間があったので
正面顔(?)を撮ってみる。

Thunderbird

ヘッドマークないんだ~w(゚o゚)w
ちょっとさびしい。

サイドにはロゴが。

Thunderbird2

ちなみに「サンダーバード」は
もちろんあのテレビ番組には関係なく、
以前この路線を走っていた
特急「雷鳥」の一部に新型車両が導入され
「スーパー雷鳥」となり、それが「サンダーバード」に
改称されたということだ。

しかし「雷鳥」をそのまま英訳したのではなく、
アメリカ先住民族の神話に出てくる
空想上の鳥に由来しているそうだ。

(詳しくはこちら

で、このサンダーバードは
琵琶湖沿いを走る区間がある。

ネットで調べて切符を買ったので
琵琶湖沿いを走るなんて知らなかった。
行きの車内で「琵琶湖沿いを走ります」と
アナウンスがあって初めてわかった。

そういえば、琵琶湖に来るのは初めてだ。

行きの席は琵琶湖側ではなかったが、
帰りは琵琶湖側だったので、
窓からよく見えた。

Biwako1

Biwako2

Biwako3

さて、お昼にしようかな。
大阪駅で買った「たこむす」だ。

(「その3」で「次の記事」って言ってたのに~
琵琶湖写真で長くなったので
またひっぱらせてもらいますm(__)m)

(つづく)

| | コメント (6)

2013.09.20

♪るーるる(大阪編)その3~大阪駅

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマソングからとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

新潟から大阪へ、
大江千里ライブのために
列車で移動した旅の話、3回目です。

=====

開場15分過ぎ、
つまり開演15分前に
無事ライブ会場へ到着。
あーよかった。

ライブが盛況に終わり、
ライブ後は、ファン5名が集い
楽しい夜を過ごすことができた。

(このへんの詳細は
「大江千里」カテゴリーの→
「大江千里への道・2013」シリーズで
お読みくださいm(__)m)

=====

翌朝。今日も天気がよさそうだ。

持参したペーパードリップの
コーヒーを煎れて…

昨日大阪駅のエキマルシェにある
「デ・トゥット・パンデュース」で
買っておいたパンを朝食に。

たくさんの種類があって悩みまくり、
目移りしまくったが、今回はこれを選んだ
って、次回いつかわからないんだけど)。

Painduce

下の左側があんぱん。
あんぱんは3種類くらいあったが、
これは生地にゴマが練りこまれているもの。

右側は五穀米の入った生地のメロンパン。
普段、メロンパンはあまり食べないが
五穀米とはめずらしいと思い、
つい選んでしまった。

上はドライフルーツが入ったラスク
(おやつ用に半分残しておく)。

小ぶりなパンだが、しっかり食べごたえがあり
おいしかった。

そしていつものように「あまちゃん」も見て、
支度してチェックアウト。

大阪駅に入り
「天空(とき)の広場」を散歩してみる。

Osakastation

吹き抜けになっていて、
涼しい風が通り、気持ちいい。
カフェもあり、くつろいでいる人や
ベンチで休んでいる人も。
下を見下ろすとホームや線路が見える。

おっと、のんびりしすぎないで
忘れずにお弁当を買わなきゃ。

Takomusu1


おむすびにたこ焼きが乗っている!という
「たこむす」。

中身はどうなってるかって?
それは次の記事でね~(ひっぱる)

| | コメント (2)

2013.09.19

♪るーるる(大阪編)その2~グルメ

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマソングからとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

新潟から大阪へ、
大江千里ライブのために
列車で移動した旅の話、2回目です。

=====

と言いながら、
今日の記事、鉄道出てこないんですが(汗)

さて、アメリカ村を離れて
大阪駅周辺に戻り
宿泊予定のホテルに向かう。

そのホテルの近くに
パンケーキで有名なお店があるので
おやつにぜひ!と思ったのだが…

…店の外まで
10人くらいの行列がw(゚o゚)w

しかたなくあきらめて
ホテルにチェックインして
すぐに第2候補のおやつを食べに行く。

阪神百貨店の地下1階・
スナックパークにある「いか焼き」。
小麦粉を溶いた生地に
イカの切り身を入れて焼き、
ソースを塗ったものだ。

これも有名で行列ができているが
すぐ順番がくる。

軽いおやつにちょうどいい感じだ。
老若男女、たくさん買い込んでいる人も
その場で食べている人もいた。
センちゃんも食べたりしたんだろうか。

その後、スナックパークをうろうろしていると
これも大阪名物「ミックスジュース」を発見。
(リンク先は梅田駅のジューススタンドですがsweat02

バナナとオレンジを混ぜたような、
フルーツ牛乳に近いような懐かしい味
(フルーツ牛乳ってまだあるのかな?)。

さらに、地下街をうろうろして
阪急百貨店で
「堂島ロール」のクリームを使った
ソフトクリームを発見し、
思わず手が出る。

なるほど、ミルクのこくがある。

…しかし、気がついたら…
私は堂島ロールを食べたことが…
まだないのだった!(オイオイ)

ちなみに、私が食べたのは
普通のコーンに乗ったソフトだったが、
今検索してみたら、
モンシェールの堂島本店限定ソフト
カップにロールケーキの生地を入れ、
そこにソフトクリームを絞ってあるそうだ。

では、おやつもたくさん食べたし、
そろそろ今日の目的地、
ライブ会場の
サンケイブリーゼホールに行こうか。

しかし、地下街ばかりにいたので
地上にも出てみようと思い、
地上を歩いていったが
夕方でどんどん暗くなるし、
道がよくわからなくなり、
到着した時には
開場時間を15分くらい過ぎていた。

(つづく)

| | コメント (4)

2013.09.18

♪るーるる(大阪編)

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマソングからとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

=====

9月10日、大江千里ライブのため
新潟から大阪へ。

荻川→新津(信越線)
新津→富山(特急北越2号)

富山駅のホームの売店で
「ますとぶり小箱」をお昼に購入。

Masutoburi

富山名物の「ますのすし」と「ぶりのすし」が
半分ずつ入っている。
大きさも一人分のお昼にちょうどいい。
「ぶり」にはかぶの漬物が乗っている。

Masutoburi2

ますとぶりを食べながら、
富山→大阪(特急サンダーバード22号)

というルートで7時間弱。
これでも乗り換えは
10分~20分程度だったので
比較的スムースに到着。

今回は素泊まりにしたので、
大阪駅で明日の朝食のパンを購入
(詳細はあとで)。

それにしても大阪の地下街、広い!
人が、縦横の流れだけではなく
斜めにも歩いてくる!

そんな地下街から地下鉄に乗り、
心斎橋で降り、若者の街・アメリカ村へ。

若者ではないので
ちょっと遠慮がちにこそこそ歩き(ウソ)
一度行ってみたかった雑貨屋さん
タイガーコペンハーゲン」に到着。

なにしろ日本にはここしかない
(そのうち東京にもできるらしいが)。

リーズナブルでカラフルな雑貨が
いろいろ並んでいて楽しい。
でも、列車で持ち帰ることも考えて、
遠慮がちに紙ナプキンとボールペンを購入。

さて、アメリカ村のあちこちには、
こんなヒトが立っていた。

Americamura

頭のところが街灯になっている。
手に持っている丸いのも街灯かな?
このヒトのは無印だが、
店名が入っているのもあった。

さあ、そろそろおやつにしよう。

(つづく)

| | コメント (4)

2013.07.04

それでも忘れる時

普段は
「手荷物は傘を含めて3つまで」の
マイルールのおかげで
置き忘れはほとんどしない私だが、

(自覚なく)
とても疲れていた(らしい)時や
考え事をしていた(らしい)時には
とんでもない忘れ物をすることがある。

ある日、仕事を終えた帰り、
回数券でJRの改札に入って
電車に乗り、家の最寄駅で降りて、
改札を出ようとしたら、
回数券がみつからない。

仕方なく、駅員さんに申し出たところ
「残りの回数券はありますか?」
と言われた。

未使用のがあったので見せると、
番号を確認して
「新潟駅から連絡がきてます。
きっぷの取り忘れです」

とのことsign01

自動改札に回数券を入れて…

…取らずにそのままホームに
行ってしまったのねthink

ピンポンと鳴ってたはずなのに
全然気づかなかった…。

そんなに疲れていた気は
しなかったんだけどな~

| | コメント (2)

2013.06.29

♪るーるる(踏切トリビア)

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマソングからとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

=====

JR信越線の荻川-亀田間には
踏切がたぶん13個ある。

=====

先日、先頭車両に乗って
数えてみました。
確か13だったと思います。

ちなみに、一駅です。
距離4.9キロ、時間は5分。

何でこんなことを数えたかというと。

以前、故障のため
警報機が鳴らないとか
遮断機が下りないとかで、
踏切付近を徐行して走ったことがあり、
その際に
「踏切が多いので時間がかかって
申し訳ありません」という
アナウンスがあった。

そういえば多いなぁ?と思って
数えてみたのですが
一駅で13個は多いよねやっぱり?

| | コメント (0)

2013.06.23

200系とC57-19

新津鉄道資料館に、
先ごろ引退した新幹線200系と
蒸気機関車C57-19が来たので
見に行ってみた。

200kei

C57-19号は「貴婦人」と呼ばれているそう。

C57

200系の横顔。

200kei1

目がこういう感じでeyeカワイイ

| | コメント (2)

2013.05.08

るーるる(えちごツーデーパスの旅(その5)弥彦~新潟)

弥彦神社参拝のあと、
近くの弥彦公園を散策。

八重桜がきれいだった。

Yaezakura


近くに寄ってみる。

Yaezakura2


駅までの道の途中にある
「分水堂菓子舗」で
行列ができる名物の「パンダ焼」を購入。

Pandayaki


食感は「パンダ焼」というよりは
「パンダ餅」という感じでもっちりしている。

赤いシールがついているのは
期間限定の「さくらあん」の印だけど、
有名なのは枝豆の「ずんだあん」。

新潟は、知る人ぞ知る枝豆の名産地なので
ずんだあんはきっとおいしいはず。
いつもあると思うので、
ずんだは次回のお楽しみにしておく。

=====

帰りは、行きと同じルートで
弥彦→吉田(弥彦線)
吉田→新潟(越後線)
新潟→荻川(信越線)

新潟で途中下車して、
万代でちょっと買い物をしていると
イベントに来場していた
新潟のゆるキャラ「レルヒさん」がいた!

Photo


しかし…

夜の県内ニュースによると、
この日レルヒさんは
奥只見のスキー場にいたはずsign02

=====

というわけで2日間の旅を終え、
普通の乗車券を買っていたら
途中下車などもあり
5180円かかったはずのところ、
えちごツーデーパス2500円で
楽しむことができました。

今回、わりと出発がゆったりしてた
(朝早くなかった)けど、
もっと細かく予定を組めば
もっとお得にいろいろ行けたでしょう。

では次回の(あるのか?)
お得きっぷの旅をお楽しみに~(^_^)/~

| | コメント (2)

2013.05.07

るーるる(えちごツーデーパスの旅(その4)弥彦神社)

5月5日

実は昨日の十日町への旅で、
えちごツーデーパス料金の
もとはとったのだが、
きっぷが2日間使えるとなると、
やっぱり今日も電車に乗ろう…
という気になる(欲張り)

というわけでこの日は
県内随一のパワースポットと言われる
弥彦神社をめざす。

荻川→新潟(信越線)
新潟→吉田(越後線)
吉田→弥彦(弥彦線)で、

弥彦駅に到着。

Yahikostation


歩いて15分ほどで弥彦神社へ。
祭日なのでお参りの人も行列していた。

Yahikojinjya


(つづく)

| | コメント (2)