« なでしこ | トップページ | こらっ! »

2014.05.26

写真展「未来ちゃん」

今日は休みだったので、新潟市新津美術館で開催中(~6月1日まで)の川島小鳥写真展「未来ちゃん」を見てきた。

佐渡島に住む女の子の1年を写した写真集「未来ちゃん」は2010年の講談社出版文化賞写真賞を受賞し、雑誌「ブルータス」の表紙を飾ったこともあり、話題になったそうだ。
その未来ちゃんがいよいよ新潟に凱旋?ということで、やはり人気なのか、平日の午前中のわりにはお客さんが多かったと思う。
あとで知ったのだが、昨日あたりに入場者が1万人を突破したらしい。
ちなみに、美術館は月曜休みが多いのだが、新津美術館では会期中に数回「あいてマンデ~」と明るくオープンしている。

さて、未来ちゃんは、2歳から3歳になる頃の年齢だが、ここにあるのはアイドル的な可愛い写真ではなく、何か食べながらカメラをにらんでいたり、泣きやんだばかりで鼻水をたらしていたり。
どなたかがどこかに書いていらしたが「ニッコリ笑った写真をわざとはずしたのではないか、と思ってしまうような」感じだ(注:多少はあるけど)。

イメージとしては、奈良美智さんの描く子どもの絵とか、CMのグリーンダカラちゃんに近いと思う。

未来ちゃんが「ひょっとしてお母さんが、いやおばあちゃんが昔着てた?」みたいな昭和の子ども服や着物を着て、佐渡の自然の中だったり、キューピーちゃんやフランス人形とタブ・トラックスが混在している古い家の中やその周辺でころげまわって遊び、おそらく何かやらかして叱られて泣き、泣きやんでまた遊んだり、おなかが空いて一生懸命何かを食べたりして、力強く生きている姿がほほえましかった。

いや、「ほほえましかった」と自分では思っているが「一人でニヤニヤ笑ってる人」に見られたかもcoldsweats01

おみやげに未来ちゃんノートを購入(新津美術館限定品)。

Miraichan

A5横開きで、中は罫線ではなく薄いピンクのドット。
漢検受検勉強用の、漢字練習帳にしよう。

=====

(余談1)
未来ちゃんと一緒に写っている子どもがいて「あ、お姉ちゃんがいるんだ」と思って、しばらく見ていたら実はお兄ちゃんだったのでビックリ。

(余談2)
写真家の川島小鳥さん、名前からてっきり女性だと思ってたら、男性だったのでビックリ。

|

« なでしこ | トップページ | こらっ! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なでしこ | トップページ | こらっ! »