« キター! | トップページ | 3つの「Non」 »

2014.03.16

さよなら、カナデフウビ

土曜日の朝、いつものように車でプールに出かけた。
車中で県内FMをかけて、いつものように何気なく聞いていたら、

なんとsign01

この日の夜、カナデフウビのラストライブだというsign03

カナデフウビは、新潟で活動していたアコースティックデュオだ。
県内企業のCMソングや、2009年のトキめき新潟国体のイメージソングなどを歌い、新潟ではよく聴かれていた歌声だと思う。

私はその国体と、国体後の障害者スポーツ大会「トキめき新潟大会」で、某ボランティア活動をしていたので、もちろんイメージソングは夢に出そうなほど聴いていたし、当時カナデフウビのミニライブもよく見る機会があった。

よく見ていたらなんだか聞き覚えてしまい、なんだか気に入ってしまい、ミニアルバム「Wonderful World」も買ってしまった。

国体のイメージソング「ガムシャラな風になれ」は、当時「夢に向かって頑張るすべての人たちへ」というサブタイトルがついていた。
このサブタイトルが、カナデフウビの音楽性をよく表していたと思う。
この曲以外も、月並みな言い方だけど元気が出る詞と曲で、歌声も曲によく合っていた。

某ボランティア活動は、結構大変なこともあったけど、カナデフウビの曲にずいぶん元気をもらって乗り切った気がする。

あれからしばらく経つが、変わらずに活動を続けると思っていた。
しかし、方向性の違いで2月に解散が発表されていたのだった…

というわけで、私もラストライブに参加した。

会場は古町の地下街・西堀ローサにある、「よろっtoローサ」というステージ。
開演15分前くらいに着いたら当然満席で、立ち見の人も多かった。

久しぶりに見たカナデフウビ、変わらずに元気の出る演奏と、ゆるいトーク(笑)だった。

渡辺翔さんは今後は作曲家として、

Watanabe

若月勝真さんは山でふきのとうを採って売るという暮らしへ…(←当日MCより)
ではなく、ソロアーティストとして、

Wakatsuki

歩んでいくそうなので、それぞれ新しい道で頑張ってくれることだろう。

その節はありがとうございました。
お元気で、ご活躍をお祈りします(^_^)/~

|

« キター! | トップページ | 3つの「Non」 »

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キター! | トップページ | 3つの「Non」 »