« あずきバーの日 | トップページ | 続・レースのハンカチ(2) »

2013.12.15

続・レースのハンカチ(1)

「続」とか「その2」とか
ばっかりでスミマセンm(__)m

=====

いただきもののレースのハンカチ、
衣装ケースにしまいこまずに
思い切って使ってみよう!

…という記事を書いたのが10月。

さぁ、5枚のハンカチを使ってみて
どうだったでしょうか。

Handkerchief2

エントリーNo.1
中国出身
シルクの刺繍入りハンカチ(25×25センチ)

No1

これは中国のおみやげ。
シルクはハンカチとしてどうなのか、と思ったが
意外と吸水性がよく、乾きも速い。

しかし、面積の4分の1を占める刺繍が
手を拭く時にはごわついて気になるので、
実用にはちょっと…。

=====

エントリーNo.2
汕頭(スワトウ)刺繍のハンカチ(28×28センチ)

No2

汕頭刺繍は
中国・広東省の汕頭市で行われている。
その昔キリスト教布教に訪れた
ヨーロッパの宣教師が紹介した刺繍技術が
もとになっているとのこと。

ってことは
これも中国のおみやげだったのかな?
すみません、覚えてませんm(__)m

麻のハンカチだが、やはり手を拭くと
全面の刺繍が気になってしまい、
実用にはちょっと…と思っていた時、
ふと目にとまったかごに敷いてみた。

No22

ちょっと余ったり、頂いたりしたお菓子を
入れているかご。
なかなか可愛いではないですか。
よし、しばらくここで使ってみよう。

(つづく)

|

« あずきバーの日 | トップページ | 続・レースのハンカチ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あずきバーの日 | トップページ | 続・レースのハンカチ(2) »