« 庭先にて(小道その1) | トップページ | 勉強中(その8) »

2013.10.09

勉強中(その7)

漢検準2級の勉強中だ。

問題集の例文を見て、
先日終わったあのドラマを
つい思い出してしまう。

(読み問題、書き取り問題混在です)

=====

「銀行から融資を受ける」
 →彼は西大阪支店の融資課長だった。

「激務がたたって心をむ」
 →同期はパワハラを受け、心の病になってしまう。

「竹刀で胴をく」
 →その同期とは学生時代の剣道部仲間。

「重要な任務を完スイした」
 →倒産した会社から、融資した5億を回収。

「難題を持ちかけられい顔をする」
 →東京に栄転後、
  120億の損失を出したホテルの
  担当になるよう指名される。

「受けた侮辱を忘れない」
 →やられたらやり返す。

「問い詰められアブラアセを流す」
 →支店長とか人事部次長とか常務とか

カガヤかしい経歴を残す」
 →ホテルも再建の方向に進み、
  常務の悪事をあばき降格させる。
 
  そして昇格するかと思いきや、なんと…

=====

…私の漢検問題集には
付箋がいっぱい貼ってありますが、
「間違えたところ」とか
「大事なところ」ではなく
すべてブログネタです(逃shoedash

|

« 庭先にて(小道その1) | トップページ | 勉強中(その8) »

コメント

融資の一例で、何のドラマか分かってしまいましたtv
そして、kaoさん付箋に笑ってしまいました。
だって、問題集なのに、付箋を貼るのがそこだなんて…clip
kaoさん。おもしろすぎるhappy01
そう言うところも、好きなんだけれどheart

投稿: lavi | 2013.11.04 21:47

★laviさん
思わずテーマソングが頭の中に流れますbank
付箋ね。
問題はほとんど間違えないから
ブログネタの付箋で十分よ(豪語→逃shipdash

投稿: kao | 2013.11.05 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭先にて(小道その1) | トップページ | 勉強中(その8) »