« カレンダーと手帳・その後 | トップページ | 勉強中(その12) »

2013.10.20

勉強中(その11)

京都の漢検本部からハガキがきた。

相変わらず問題集の例文に
ツッコミを入れる私に苦情が…

…きたわけではなく、受検票だ。
(↑3級受検の時と同じネタ(^^ゞ)

今日は1日中雨なので、
いつもより多く勉強し
過去問題もやってみた。

あと1週間。
少しずつでも毎日続けよう
(すぐ忘れるからさ~coldsweats01)。

=====

ところで準2級の試験範囲には
「璽(ジ)」という字がある。

機種依存文字なので
化けている方のために説明すると
「爾」の下に「玉」と書く字。
部首は「玉」。
「天子(天皇)の印章」という意味だそうだ。

めったに使わないし、
問題集の例題には出てこないが、
常用漢字ということで
一応試験範囲に入っている。

調べてみたら、日本国憲法に
出てくる漢字はすべて常用漢字に
入っているとのことだ。
(詳しくはこちら
リンク先の記事によると例外もあるようだ)

そういえば「朕(ちん)」も試験範囲だ。
朕の部首は「にくづき」に見えるが
「つきへん」だという。

…なんだかわかる気がする。

よし、これでこの2文字は覚えたgood

ブログの私物化でスミマセンm(__)m

|

« カレンダーと手帳・その後 | トップページ | 勉強中(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレンダーと手帳・その後 | トップページ | 勉強中(その12) »