« 大江千里への道・2013(3)Spooky Hotel | トップページ | 大江千里への道・2013(号外)OLYMPIC »

2013.09.08

大江千里への道・2013(4)東京JAZZ

9月10日、サンケイホールブリーゼでの
大江千里Spooky Hotel Tourに向けて
自分で勝手に気分を盛り上げる連載中happy02

=====

昨日9月7日、
センちゃんが東京JAZZに出演。

今日8日のNHK-FMでは、
シーラ・ジョーダンさんとのセッションが
放送されていましたね。

センちゃんもトークゲストで出演。
みんな聴いてた~?earpaper(←まだやるか)

ちょうど運転中だったので、
いろいろ他の音も入ってきて
真剣に聴けなかったし、
聴きもれも多々あると思うのですが、
歌詞の中で
「ミッキーマウスの誕生日」という
フレーズがわかり、
どういう歌なんだろう、と思ってました。

ニフティニュースにもセンちゃんが。

ジャズ・ピアニスト大江千里、
”来日”ツアー再び

さぁ、明日からはツアーですねnote

|

« 大江千里への道・2013(3)Spooky Hotel | トップページ | 大江千里への道・2013(号外)OLYMPIC »

コメント

後れ馳せながら、東京JAZZの報告です。
いつものことですが、長くなりますpencil
 
 
千里くんの誕生日の翌日。
国際フォーラムで行われた、東京JAZZ へ行って来ました。
 
間近まで、どうしようかと悩んでいた為、かなり後方の席でした。
でも、せっかく足を運ぶのだから、客席の様子も楽しもうと出掛けて来ました。
しかし、ちょっと遠すぎ。
オペラグラスもあまり役に立ちませんでしたsweat01
 
会場には早めに着いたので、ロビーで友達と軽く飲んで、雰囲気を楽しんでいましたwine
しかし、何だか落ち着かなくて、何度もロビーをうろうろ。
 
千里さんの新しいアルバムも、しっかり入手cdshine
サイン色紙が飾ってあるのを見た時は、テンションが上がりましたupwardright
お釣りをもらわずに、立ち去ろうとした私を、何度も呼ぶ声が後方から聞こえて、ようやく気付いた次第です。
お恥ずかしいsweat01
 
さてさて、会場が広いので、早めに席へ移動。
この時点で、ステージの幕は既に上がっており、Saturday night orchestraのメンバーは、千里さんを除いて、既にスタンバイしている様子でした。
 
そして、東京JAZZ の開演。
千里さんの登場です。
トップバッターは、大江千里Saturday Night Orchestra。
 
日本語なのに、何度もかんで、少し緊張している様子でした。
でも、次第にほぐれてきたのかな。
笑顔も見られて、MCからも千里さんらしさが伝わってきました。
 
ビックバンドだけの演奏も良かったけれど、 歌がはいると、また違った楽しみがありました。
マット・ダスクもシーラ・ジョーダンも最高!
 
特に、印象に残ったのは、千里さんが、ボクの東海岸のアイドルと紹介してくれたシーラ・ジョーダン。
歌声も人柄も、とても素敵な女性でした。
シーラがステージに出てきて、軽くお喋り。
何せ英語なので、半分も分かりませんが…sweat01
ライブが終わったら、日本のお寿司、びっくり寿司に案内します。
この台詞に、客席も大爆笑。
 
そのあと、彼女はステージからさがり、本来のメンバーでの演奏。
 
そして、アンコールに再び登場してくれたシーラ・ジョーダンとの曲は、ブルース。
曲の途中で、千里さんにむけて、昨日はお誕生日よねって歌ったあと、ハッピーバースデーを歌ってくれたのには、千里さんも驚きながらも、喜んでいる様子でした。
客席からも、千里さんの誕生日を祝う大きな拍手が。
 
それと、私の前の席に、外国の方々が座っていました。
楽しんでくれているのか気になって、時々、目線を送ると、足でリズムをとっているのが見えて、嬉しくなりました。
 
しかし、60分の枠のはずが、15分もオーバー。
アンコールのブルースが本当に素晴らしかったので、拍手がなりやまなかったけれど、ステージが明るくなって、終了~と言う感じになってしまいました。
もう少し余韻にひたりたかったので、ちょっと残念でしたが、あのあと、まだ、2組の演奏があったので、仕方ないですね。
 
このあとの演奏も気になりましたが、翌日も仕事だったので、千里さんのステージを見たあと、国際フォーラムをあとにしました。
帰りがけに、CD コーナーをチェックしたら、千里さんのサイン色紙は、もうありませんでした。
がっかりしている人たちを、何人も見かけました。
 
あんなに幸せそうに笑っている千里くんを見たら、胸がいっぱいになってしまいました。
本当に楽しそうに演奏しているんだもの。
千里くんが笑っていると、やっぱり嬉しい。
 
東京JAZZ は、千里くんファンじゃない人も多く訪れたはず。
いやいや、千里くんファンの方が、圧倒的に少ないはず。
あの日の拍手や経験は、きっと彼の宝物になったと思います。
一人でも多くの人の心に、千里くんたちの演奏が届いてくれていたらいいな。
 
しかし、いつの間にサインをたくさん書いてくれていたのだろう。
こういうところにも、千里くんのさりげない優しさを感じてしまいます。
 
千里くんのビックバンドを、東京JAZZ で聴けたなんて幸せhappy01
 
 
千里くん、
東京JAZZ 、楽しかったよ。
千里くんファンじゃないけれど、ジャズが好きな私の友達も楽しんでいました。
素敵な時間をありがとうhappy01heart04
 

投稿: lavi | 2013.09.14 21:46

モーションブルー横浜と、ブルーノート東京のライブの写真が、
それぞれのホームページに、upされていましたcamera
本当に、ありがたいことです。
見ているだけで、幸せになれる写真がたくさんですeyeglassheart04
 
ところで、本文より長いコメントになってしまいましたpencil
少しでも、東京JAZZの雰囲気が伝われば嬉しいですconfident
 

投稿: lavi | 2013.09.14 21:52

★laviさん
本文より超・長いライブレポート、
ありがとうございましたm(__)m
サイン色紙?大阪では飾ってなかった気が…。
私の到着が開場より遅かったので、すでに品切れか?
それとも東京ジャズですでに品切れか?


今回来日して初めてのライブで、初めてのビッグバンドで、
しかも東京ジャズで、単独ライブではなく他のミュージシャンと
同じステージを踏む、ということで緊張していたのでしょうか。
でも、やがて会場の大爆笑を誘うところがさすが?センちゃん。
去年のデビュー、一歩進んで今年はビッグバンド、と
新しい経験を積んでいくセンちゃんを見守る私たち、
ある意味「親心」でしょうかね(大きなお世話?)


写真UPの情報ありがとうございました。
さっそくみなさんにもシェアさせていただきますm(__)m

投稿: kao | 2013.09.16 21:08

いつか、kaoさんと一緒に、千里くんのJAZZを聴きに行ける日が
くると、いいなー。
そうそう、私たちって、出会ってからもう20年がたったのね。
次に会える時は、ビールで乾杯しなきゃbeer

ところで、検索フレーランキングに、『大江千里への道』がsign03
 

投稿: lavi | 2013.09.17 21:51

★laviさん
20年?もっと経ってない?
あんまり昔過ぎてもうよくわからない…
最近はおかげさまで検索フレーズは「大江千里」がらみですが、
「道」まで出てきたのはビックリsign01

投稿: kao | 2013.09.17 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大江千里への道・2013(3)Spooky Hotel | トップページ | 大江千里への道・2013(号外)OLYMPIC »