« 大江千里への道・2013(号外)OLYMPIC | トップページ | 大江千里への道・2013(6)大阪サイコー(続き) »

2013.09.11

大江千里への道・2013(5)大阪サイコー

さて、いよいよ9月10日。
サンケイホールブリーゼでの
大江千里Spooky Hotel Tourに向けて
一路大阪へ。

(旅路については別記事でtrain

0910

ホール入口にはポスターが飾られていた。

0910flower

ロビーにはお花も。

ほぼ時間通りにライブは始まった。

カジュアルな、でも後ろが燕尾服ふうで
カワイイジャケットのセンちゃん。
結構長いこと着込んでいるように見える。
お気に入りなのだろう。

ニューアルバムの曲を中心に、
昨年の1stアルバムの曲も織り交ぜて
6人編成で演奏された。

センちゃんは
なぜか「じぇじぇじぇ」も知ってるし(笑)
甕焼酎の話とか
(まだ東京のライブもあるので詳細は自粛)、
トークでは昔のように笑いをとるのに、
演奏するのはジャズだというのが
不思議な感じだ。

そしてJ-POP時代のように
1曲終わるごとに笑顔で
観客の拍手に応えるセンちゃんだが
若いメンバーはなんとなく表情が硬い。

そんな彼らにもだんだん笑顔が出てきて
1回目のアンコール
(というか、本編最後にみんなでお辞儀をして、
そのままなだれ込んだ感じ)のブルースは
各自のソロにも力が入り、圧巻だった。

2回目のアンコールの後に彼らは
(センちゃんに教わって)
口ぐちに「オオサカ、サイコー」と言っていた。

私たちファンが
「よかった、楽しかった」というと
なんだか「ひいき目?」と言われそうだが…

終演後のロビーで
「あまり興味がなかったけど
誘われて来ました」風の男性が

「いやー、来てよかったよ!」

と言っていたので、
きっと「ひいき目」ではないはずだ。

(長いので「つづく」)

|

« 大江千里への道・2013(号外)OLYMPIC | トップページ | 大江千里への道・2013(6)大阪サイコー(続き) »

コメント

ポスターやお花を見ると、やっぱりテンションが上がりますねupwardright
今回のジャケットは、CDのパッケージで着ているのと同じですよね?
それに、たぶん今回のライブの衣装なのでは…、と思っているのですが。
だから、着込んでいるように見えるのかも。
そして、他のライブ会場とは違って、大阪だけオリジナルメニューだった
ようですね。
アンコールも、時間の許す限り出来ただろーし、老舗のライブ会場や
東京JAZZでは出来ないよーなMCも出来ただろーし。
美里ちゃんや千里くんの友達も駆け付けてくれたみたいですね。
やっぱり大阪だし、千里くんのテンションも上がるだろうしupwardright

kaoさん、いい会場を選択しましたねーnote

投稿: lavi | 2013.09.13 22:45

★laviさん
帰宅してからCDのパッケージを見たのですが、
当日着ていたのとは違うみたい。
CDよりももっとカジュアルな燕尾服ふうのジャケットでした。
そしてあのMCは、たしかに老舗のライブ会場では無理なのかも。
(って老舗の会場に行ったことはないですが)
そのへんはJ-POP時代に戻ってたのかな。
某名古屋会場では1stと2ndがほぼ違う曲だったとのことですが、
大阪は普通のホールで、入れ替えの2部制ではないので
メニューも変わってくるんでしょうね。
ところで美里さんもいたの?気づかなかった~

投稿: kao | 2013.09.13 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大江千里への道・2013(号外)OLYMPIC | トップページ | 大江千里への道・2013(6)大阪サイコー(続き) »