« 写真がない | トップページ | そうか(笑) »

2013.08.26

行ったぜ、東北。(岩手)で思い出したこと

この夏、中尊寺に行ってきたが、
中尊寺というと思い出すことがある。

=====

2011年6月、岩手の安比高原に行った。

テーマは断捨離合宿だったが、
会場が岩手になったというのは、
当時安比で働いていた方が
いろいろ手配してくださったことが
大きいのだが、そのほかに
復興への支援という意味もあった。

私たちが岩手に行き、
合宿や観光することも
支援のひとつになるのだ。

さて、その合宿で
私たちがブナ林散策に出た、
ちょうどその日に
「中尊寺が世界遺産に選ばれた」
というニュースが届いた。

ブナ林のガイドをしてくれた
自然学校の先生が

「よし、これでお客さんがたくさん来るぞsign01

と力強く言った。

その言葉の強さに、
復興しようという気合いを感じた。
それが今も忘れられない。

先生が言った通り、
この夏訪れた中尊寺には、
観光客がたくさんいた。

風景写真を撮るのを
断念するほどだった(笑)

|

« 写真がない | トップページ | そうか(笑) »

コメント

阪神大震災で、神戸を訪れた時も、地元の人に言われた
ことを思い出しました。
震災があったから、行かない方がいいのかもしれない、
じゃなくて、だからこそ、どんどん訪れて欲しいと。
それがなによりも、復興に繋がると。

投稿: lavi | 2013.10.04 21:18

★laviさん
東日本大震災の後、いろいろなことの自粛ムードが高まりましたが、
被災したある人が
「自粛しないでほしい。買い物やレジャーでお金を動かしてほしい。
経済がまわらないと復興につながらない」
というようなことを言っていました。
「被災地のために自粛」という行動が、被災地のためにならず、復興をさまたげてしまう。
なんで逆の方向にいってしまうんでしょうねthink

投稿: kao | 2013.10.05 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真がない | トップページ | そうか(笑) »