« 【今日のBGM】ペルセウス座流星群(大江千里)再び | トップページ | 勉強中(その3) »

2013.08.13

勉強中(その2)

漢検準2級の勉強中だ。

問題を解いていると、
なんだか例文が気になってしまう。

今日は読み取り問題から。

=====

「親友を見合いの相手に薦める

(1)自分のお見合いの相手に、
「私なんかじゃなくてこの人(親友)が
いいですよ」と薦めたのか?

それとも
(2)「誰か○○さんにいい人いないかな」
と言われて「じゃ、この人(親友)は?」
ってことになったのか?

何か気になる。

=====

「花嫁修業でを習う」

→3級の問題集にも「花嫁修業」
ということばが出てきて、
「久しぶりに聞いた…」と思った

それだけならばまだいいが!
準2級だからレベルアップ、
なんとお琴を習うのだ。

私が子どもの頃は、まだ時々
住宅街に「おこと教室」という
看板があったので、
花嫁修業に琴を習う人もいたのだろう。

(余談:ひらがな表記なので
ぱっと見「おとこ教室」に見えるという
笑い話もよくあった)

いまや花嫁修業に琴を習うのは、
伝統芸能の家系に嫁ぐひと
くらいではないだろうか。

=====

と、相変わらず揚げ足をとってみるが、
実は漢検の受検者は
結構年配の人も多いので、
もしかすると、問題集には
ちょっと懐かしめのことばも
取り上げているのかもしれない。

|

« 【今日のBGM】ペルセウス座流星群(大江千里)再び | トップページ | 勉強中(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【今日のBGM】ペルセウス座流星群(大江千里)再び | トップページ | 勉強中(その3) »