« 交響曲第1番 | トップページ | 勉強中(その4) »

2013.08.20

ご褒美の算定基準・その後

「自分にご褒美」という時
どれだけご褒美をあげたらいいか
わからない、という記事を書いた。

が、その後思った。

たとえば裏庭改造のために汗を流した。

…でも、それは
ご褒美をもらうためじゃない。

たとえば漢検にチャレンジしている。

…でも、それは
ご褒美をもらうためじゃない。

ということは
「ご褒美」ってわざわざ考えなくても
いいんじゃないか?

「ご褒美」という名目ではなく、
スイーツは食べたい時に食べる。
欲しいバッグは出会った時に
(衝動買いじゃなく)買う。

いい考えだ。
では、今後は「ご褒美」ありません。

…と言い切ってしまうと、
それはそれで
またちょっと寂しかったりするcoldsweats01

|

« 交響曲第1番 | トップページ | 勉強中(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交響曲第1番 | トップページ | 勉強中(その4) »