« 勉強中(その2) | トップページ | ご褒美の算定基準 »

2013.08.14

勉強中(その3)

漢検準2級の勉強中だ。

3級の時と比べて
明らかに違うな、と思ったことがある。

それは、
「読めるけど書けない」漢字が
出てきたことだ。

「読めるけど書けない」ので
読み取り問題では大丈夫だが、
書き取り問題で

「えっ、どんな字だっけ…coldsweats02」と
思い出すのにちょっと時間がかかったり、

思い出せなくてギブアップしたり、

解答を見た時
「これって書いたことないかも?」と
思ってしまったりすることが、

3級の勉強ではほとんどなかったのに
準2級では時々出てくる。

準2級は高校在学程度のレベルだが、
たぶん中学時代に比べると
漢字のテストなどは減っているのだろうし、
社会に出ると、文章を書くのも
業界用語に偏ってしまうし、
おまけに今ではパソコンの時代だ。
手書きで文字を書くなんてめったにない。

だから
漢検はどんどん難しくなる
(難しく感じる)のだろう…

というわけで、問題集から
「見習わなきゃ」と思った?例文
(読み問題)。

=====

鉢巻きをして仕事に取りかかる」

ってのも、ほとんどドラマでしか
見なくなった気がしますが。

そんな感じでがんばらなきゃpencil

|

« 勉強中(その2) | トップページ | ご褒美の算定基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強中(その2) | トップページ | ご褒美の算定基準 »