« 庭先にて(5月) | トップページ | 心おぼえ(ちょっとメモ) »

2013.05.02

見えない=書けない

シニアになると

(とカッコつけて言ってみるが
つまり齢をとると)

小さい字が見えにくくなる…

これについては、年若い方々も
いろいろ聞いたことがあると思う。

ここで見落としがちなポイントflair

実は「見えない」ということは
「書けない」ということでもあるのだ。

たとえば漢字でいうと
交差するところ、
「口」や「日」の空けるべきところ、
画数が多くて混んでいるところ、
こういうところが
きちんと見えてないと
よく書けないことが
見えなくなってみて初めてわかる。

=====

この話、
先日の某飲み会で
私よりちょっと若い人に
「えーっそんなの知らなかった!
教えてもらってよかった」
と言われたので
つい親切に?書いてみましたが。

大きなお世話?
失礼しました(逃run

|

« 庭先にて(5月) | トップページ | 心おぼえ(ちょっとメモ) »

コメント

私は近眼なので、あまり該当しないようです。
小さい字も、バッチリ見えるし書けますpencil
知人の中には、40代になったら、シニアグラスを使っていた
人もいました。
たから、私もそのつもりでいたのですが、いまだに近眼用を
使っています。
そう言えば、kaoさんって、出会った頃から視力が良かった
ような気がしますeyeshine

投稿: lavi | 2013.07.21 19:52

★laviさん
視力、昔は良かったけど、
やがて免許更新に「眼鏡等」の条件がつくように。
だから視力は0.6くらいに落ちたんです。


そのうち、近視用メガネをしていると小さい字が読みにくくなり、
読み書きは裸眼でするようになり、
今は、うんと小さい字を見る時はシニアグラス。
裸眼で読める時も、朝いちなどはピントが合いづらい。
でも運転等で遠くを見る時は近視用メガネをしてます。

投稿: kao | 2013.07.22 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭先にて(5月) | トップページ | 心おぼえ(ちょっとメモ) »