« 心おぼえ(ちょっとメモ) | トップページ | るーるる(えちごツーデーパスの旅(その2)十日町みやげ) »

2013.05.04

るーるる(えちごツーデーパスの旅(その1)図書館)

みなさまこんにちは。
鉄子の部屋でございます。
タイトルは「徹子の部屋」の
テーマ曲からとりましたが、
今日お届けするのは
鉄道好きの「鉄子」の部屋。

=====

最近、高速バスの旅が多かったけど
久しぶりにJR、
「えちごツーデーパス」という
休日2日間、指定区間乗り放題の
お得きっぷを使って普通列車の旅。

5月4日

今日の行先は十日町。

荻川→長岡(信越線)、
長岡→越後川口(上越線)、
越後川口→十日町(飯山線)、
乗り継ぎがうまくいき、
待ち時間がほとんどなくて約2時間。

十日町駅西口近くの
「十日町市緑道」を通って
目的地に向かう。

ところどころにある、しだれ桜が美しい。

Shidarezakura


さて、緑道を歩いて到着したのは
十日町情報館

ここで映画「図書館戦争」の
ロケが行われたそうで、
映画公開記念イベント
開催されている。

衣装や小道具などが
展示されており、
イベント期間中は
館内の自由撮影もOKだ
(衣装はNGだけど)。

実は映画はまだ見ていないが
原作は読んでおり、
そのうちに見にいこうと思っていたので、
ちょっと来てみた。

よく使われているアングルで撮ってみる。

Toshokan

この日は私のような観光客や
岡田くんのファンか、
榮倉さんのファンか、
有川浩さんのファンらしき人が
うろうろしていたので、
一般の利用者の方は
もしかしたらうっとうしかったかも。

で、ちょっとめずらしいものを発見。

Chirashi


映画の小道具で、
図書館に置いてあるチラシだ。

実際のチラシを参考にして
架空のものを作ったそうだが、
その中に要約筆記サークルの
メンバー募集チラシがあった。

要約筆記とは、
聴覚障害者に対して、
音声情報を文字で(手書き、パソコン)
伝える手段だ。
音声に追いつくための速さや
的確な要約という技術が必要だが、
現状ではボランティアとしての
活動が多いと思われる。

「聴覚障害者=手話」
というイメージが一般的なのに
映画の小道具とはいえ
地味な要約筆記をとりあげてくれたことは、
むかし要約筆記に関わっていた私にとって
ちょっと嬉しかった。

(つづく)

|

« 心おぼえ(ちょっとメモ) | トップページ | るーるる(えちごツーデーパスの旅(その2)十日町みやげ) »

コメント

しだれ桜、キレイですねcherryblossom
やっぱり青い空に映えます。
そして、有川作品が映画化された場所にも行って来たんですね。
有川さん、ほとんどの作品を読んでいますが、なんとなく
図書館シリーズだけ読んでいません。
しかし、彼女の作品、映画化になりすぎsweat02
ちょっと飽きてきたと思いつつも、新刊が発売されると、
読みたくなってしまいますbook
 
ところで、要約筆記。
あの頃のkaoさん、いつも忙しそうでしたねー。

投稿: lavi | 2013.07.21 20:05

★laviさん
有川さんの本は図書館戦争「しか」読んでいない私ですがcoldsweats01
たまたま映画公開と「ロケ地=新潟」とJRの旅が重なりました。
その後映画を見たけど、チラシがどこにあったか
チェックするの忘れちゃったsweat02

投稿: kao | 2013.07.22 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心おぼえ(ちょっとメモ) | トップページ | るーるる(えちごツーデーパスの旅(その2)十日町みやげ) »