« 心おぼえ(ちょっとしたメモ~人生のひとこと編part4) | トップページ | 暮らしの中の…(3) »

2012.11.10

書きませんよ

今日は11月10日(土)。

仕事は休み。
アクアビクスのクラスや
家のための買い物に行った。

ということで
新潟から一歩も出てませんから、
もちろん渋谷音楽祭にも
行ってませんので、
ジャズピアニスト大江千里が
出演する渋谷音楽祭

記事なんて書けないですから
書きませんよ。

↑という私、
なんだかムーミンのキャラクターの
「ミイ」を思わせるひねくれ方だcoldsweats01

|

« 心おぼえ(ちょっとしたメモ~人生のひとこと編part4) | トップページ | 暮らしの中の…(3) »

コメント

うふふ、kao さんったら。
タイトルに書いてあるのに、本文で、さりげなく書いてくれているんだものpencil
これで、私も、サラリとコメントで書けまーすpencil

と言うわけで、渋谷音楽祭に行って来ました。
席に座りステージを見ると、右隅にグランドピアノ。
いくらなんでも、そこで演奏しないでしょ?
と思ったら、そんなことはありませんでした。

一部は、クラシックの演奏でスタート。
2曲ほど演奏したら、いきなり、東京フィルハーモニー公共楽団の皆さんが、ステージから下がり、椅子や譜面台の一部が片付けられ…。
何が起こるのかと見守っていると…。
スタッフ数名で、グランドピアノをステージの真ん中に引っ張ってきました。
ドキドキ…。

ステージが出来上がると、東京フィルハーモニー公共楽団の皆さんと、指揮者の渡邊さんと、千里さんの登場。
『My Island』を演奏。
そして、千里さんのMC 。
 
渋谷公会堂や渋谷に対する熱い熱い想いを、たくさん話してくれました。
話した内容は、kao さんがリンクしてくれたホームページに書かれていたようなことでした。
話しているうちに、あとからあとから、言葉があふれてくるのを感じました。
でも、言葉を選びながら話してくれたのも、すごく伝わってきました。

渋谷公会堂の話しをした時は、ちょっと踊ってみせたり。
相変わらずのサービス精神の千里くん。
客席を、何度もくすっと笑わせてくれましたhappy01

次に演奏してくれたのが、
『ニューヨーク ニューヨーク』

そして、千里さんは、ステージから下がったのだけれど、拍手に再び登場。
挨拶をして、指揮者の方と退場したのに、拍手によばれ、すぐに、一人で登場。
くすくす笑いが、あちらこちらから。

アンコールは、『格好悪いふられかた』
メロディを耳にして、新鮮に感じた人もいたはず。
うまく言葉に出来ないけれど、千里さんのピアノに、引き込まれている人たちがいるのを、なんとなく雰囲気で感じました。

アンコールの演奏が終わり、拍手によばれ、再び登場。
ピアノの前で、バレリーナみたいなおじぎに、客席から笑いが。
さすが、千里くん♪
最後の最後まで、みんなを楽しませてくれます。

そして、一部終了。

休憩タイムになったら、誰かの声が聞こえてきました。
「大江千里って、いいわね」
千里さんが弾くジャズピアノに、心ひかれた人がいたなんて、嬉しくなりました。
ありがとうございます。と、心の中でお礼を伝えました。

東京フィルハーモニー公共楽団が演奏するクラシックと、ジャズピアニストの千里さんが弾くピアノ。
クラシックなのにジャズでもあり、どこかポップスも感じさせる。
そんな印象を受けました。

千里さんのピアノ、楽しそうでしたよnote
 
 
サラリと書くはずが、長くなってしまいましたsweat01
適当にカットしてくれても、調理してくれても、OKだからね。
渋谷音楽祭の雰囲気が、少しでも伝わったらいいな。
kaoさん、記事upありがとね!

投稿: lavi | 2012.11.11 00:28

追伸
またまた、呟いてしまいましたpencil
私の千友さんたちが遊びに来たら、よろしくです。
 
from ミントbud

投稿: lavi | 2012.11.11 00:45

★laviさん
記事本文よりはるかにはるかに長いコメント、
というかライブレポート、ありがとうございますm(__)m
ライブでは、やっぱりMCに関西人らしさが出てくるんでしょうか。
「笑いをとらなきゃ」とか「オチがないと」みたいな。
演奏はジャズなのに、MCは私たちが知っているセンちゃん。
そのことが「難しい」と思われがちなジャズの敷居を
低くしているなら、なんだか嬉しいような気がします。

投稿: kao | 2012.11.11 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心おぼえ(ちょっとしたメモ~人生のひとこと編part4) | トップページ | 暮らしの中の…(3) »