« 心おぼえ(ちょっとしたメモ~グルメ編) | トップページ | 帰れない »

2012.10.15

心おぼえ(ちょっとしたメモ~音楽編)

ちょっとメモしておいて
捨てられなかったもの。

=====

●ショパン練習曲集 作品25
第11番 イ短調
「木枯らし」
(または「木枯らしのエチュード」
「冬の風」などの題も)

あるミニコンサートで聴いて
印象深かった曲。
冒頭から繰り返される、
高音から低音へ流れるピアノは
まさに木枯らしのようだった。

新潟市出身のピアニストの方が
コンクールでこの曲を弾き、
賞をいただいたと聞いたが、
寒くて風が強い新潟市の冬を
経験しているからこそ、
心にしみる「木枯らし」が
表現できたのでは、と思った。

=====

●PRISONER OF LOVE
(愛のとりこ)

これはキャンディーズの曲で、
私は「CANDIES BEATS」
というリミックスアルバムで
聴いたのだがカッコイイsign03

スリーディグリーズか何か、
洋楽のカバーかと思ったら
オリジナルだそうでまたビックリsign01

このアルバムは以前持っていたが
新潟に引っ越す際に
「もう聴かないかな」と思って処分。

数少ない
「手放してちょっと後悔したもの」の
ひとつだけど、
いまやYou Tubeでも聴けるしね。

=====

●「レッツ・ツイスト・アゲイン」
(チャビー・チェッカー)

アルベールビル五輪の
男子フィギュアスケートで
ペトレンコ選手がエキシビジョンで
踊った曲。

滑り出す前に、客席の女性に
「踊らない?」と声をかけていたが
もちろん振られてた(笑)
これもプログラムのひとつだったようだ。

確かこのオリンピックでは
フィギュアスケートで
花束を拾う子たちの衣装が
森の小人みたいで可愛かった。

当時の上司Sさんの奥様(←素敵)と
その話をしていた記憶がある。

|

« 心おぼえ(ちょっとしたメモ~グルメ編) | トップページ | 帰れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心おぼえ(ちょっとしたメモ~グルメ編) | トップページ | 帰れない »