« 期待どおり(2) | トップページ | TANeFUNe入港~説明編 »

2012.08.07

大江千里、新潟日報に載る

2012年7月23日付の紙面より。

Senriniigatanippo

【8月8日追記】

思ったより写真が小さかったので
「よく見えないよ~」という方も
いらっしゃるかと思いますので
文字起こしします。

=====

「9月に大江千里が
ジャズピアノ披露 東京」

2008年に米ニューヨークに渡り、
音楽大学でジャズを学んでいた
シンガー・ソングライターの大江千里が
9月、東京都内で開かれる
ジャズフェスティバル「東京JAZZ2012」で、
ジャズピアニストとして演奏を披露する。

「格好悪いふられ方」「ありがとう」などの
ヒット曲で知られる大江。
今年5月に音大を卒業した。

9月7日、東京・丸の内の
東京国際フォーラム地上広場で
演奏予定。

大江は「今までの音楽と、
今やっている音楽を全てミックスして、
新しい大江千里をお聴かせしたい」と
意気込んでいる。

ジャズピアニストとして
日本でCDデビューするのは、
演奏前日の9月6日で、
52歳の誕生日という。

「人生は短い。
でも今日という一日を
精いっぱい生きるすがすがしさを、
僕はジャズから学び始めたところです」と
語っている。

=====

よい子のファンのみんなは
この時点でもうすでに
知ってた情報だと思うけど、
一般紙(地方紙だけど)に
写真入りで出たのは
なんだか嬉しかったですね。

|

« 期待どおり(2) | トップページ | TANeFUNe入港~説明編 »

コメント

kaoさん、記事upしてくれて、ありがとうheart01
新聞に取り上げてくれるなんて、嬉しいですね。
有りがたいことです。
新潟日報さん、ありがとうございますsign03

投稿: lavi | 2012.08.17 22:01

★laviさん
いま日本にいないわけだし、ライブ活動もしてないし、
当然最近のヒット曲もないので、
あまり注目もされないのかな…
喜んでいるのは私たちだけなのかな…と
私たちよい子のファンは控えめに思っていたけど。


センちゃんが渡米してジャズを学んで、
50過ぎて再デビューするっていうことは
思っていたよりも多くの人が感心してくれるようで、
私たちはもっとどや顔していいのかな?
という気がする今日この頃です。

投稿: kao | 2012.08.17 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期待どおり(2) | トップページ | TANeFUNe入港~説明編 »