« 気づいたこと(その1) | トップページ | 気づいたこと(その3) »

2012.07.08

気づいたこと(その2)

「断捨離×おんせん合宿
in鳴子温泉郷で
気づいたこと」の続き。

=====

(3)セミナーの中で
「私」を表すことばを9つ挙げ、
周囲の人に説明したり
質問を受けたりするという
ワークがあった。

「私」というのは
たとえば「妻」とか「娘」だったり、
「○○をしている」
「△△が好き」だったり。

「猫の召使い」という人もいた!

さて、私は遅れて参加したので
あわてて考えた。

考えた中に
「新潟県民(東京出身)」
というのがあった。

新潟に来て13年が過ぎ、
某ボランティアをしてた頃は
新潟の看板をしょって歩き、
サッカーはよく知らないけど
アルビレックス新潟の順位は
気になるという私だが、

この時ふとスティングの
「Englishman in NewYork」を
思い出した。

どうしてだろう?

あとで考えてみると
それに呼応するように、

今回の事務局Mさんや
宿のご主人が偶然、
同じ大学の出身だとわかった。

(きっと第一学食あたりで
すれ違っていたと思うrestaurant

さらに、参加者のSさんが
同時期に同じ会社で
働いていたことがわかった。

(ちなみに、そこは当ブログで
よく「S社」として出てくる会社だ。

Kくんの送別会に一緒に出た
「若さま」
のこともSさんは
ご存じだった!

きっと社食ですれ違っていた
に違いないnoodle

大学とS社、どちらも
東京の同じ街にあり、
久しぶりにその街に
連れて行かれた感じだ。

どうしてだろう?

こんなことがあると、
「何か意味があるかも」と
深読みしようとするのは
考えすぎか。

|

« 気づいたこと(その1) | トップページ | 気づいたこと(その3) »

コメント

kaoさん、事務局Mです。

昨年の安比に続いての合宿へのご参加ありがとうございました。
ひょんなことから同じ大学出身とわかりビックリでした。宿の大沼さんも同窓でしたので、思わず第一応援歌を歌いだすところでした。(笑)同世代で部室は今はなき山小屋でしたからきっと第一学食ですれ違っていましたね。

当日誕生日だったSさんもkaoさんと同じ会社で勤務地も大学がある東京のIという街。私も学生時代にタイムスリップした気分でした。何か意味があるかもしれませんね。

ところで翌日のマムシ出没事件、そうなんです。
発した言葉が引き寄せてしまうこと、今回に限らず何度か経験ありますねー。

ではでは、またお会いできる日を楽しみに。

投稿: moga | 2012.07.12 00:59

★mogaさん
いらっしゃいませ!
去年の安比に引き続き、事務局お疲れ様でした
&ありがとうございました。
おかげさまで楽しい合宿でしたhappy01


考えてみれば、古い学校ですから、
全国各地に同窓生がいるのは当たり前なのですが、
あの日あの時あの場所で判明したのはビックリでした。
しかも大沼さん同い年だし(笑)


意味を求めるのは考えすぎかもしれませんが、
「原点回帰」とか「初心に帰れ」ってことかな~
などと思っています。


ではまたお会いしましょう(^^)/~~~

投稿: kao | 2012.07.12 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気づいたこと(その1) | トップページ | 気づいたこと(その3) »