« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.07.31

デビュー♪

2012年7月31日。

そう、よい子の千里ファンのみんなは
もう知ってるよねsign01

ジャズピアニスト大江千里の
デビューアルバム
「Boys Mature Slow」
全米にて本日発売・配信開始
sign03

タワレコで8月中旬?に輸入盤も
買えるらしいです。
日本盤は9月6日発売。
予約した人はもうちょっと待とうね。

=====

今回のデビューの件、
ファンである私たちが喜ぶのは
当然といえば当然だけど、
日本の新聞やネットニュースが
結構取り上げてくれて、
読者の感想も、応援してくれるような
好印象なものが多かったので
嬉しかったですね。

月並みだけど、
応援してますよ!センちゃんq(^o^)p

| | コメント (0)

2012.07.30

夏のサザエさん

今日は仕事は休み、
でも家で次の仕事の準備中。

一区切りついたところで
近所のスーパーに買い物に行く。

暑いので自転車を飛ばして行き、
レジかごに2点ほど商品を入れた時、
なんか嫌な予感がしたので
バッグを見てみると…

財布が入ってなかった…bearing

さあ、こんな時はめげずに歌いましょう。

♪買い物しようと街まで出かけたら
 財布を忘れて愉快なサザエさん~♪

 …って、仕方がないので家まで往復。

♪ルールルルルッルル~
きょうもいい天気~sun

 …って、今日も33度くらいあったはず。
 この暑いのに…bearing

【追記】
新潟市秋葉区、
今日の最高気温は
36度超えてました~coldsweats01

| | コメント (2)

2012.07.29

暑いので(2)

今日も暑かった新潟市。

しかも私の住む秋葉区は、
天気予報で発表される新潟の気温より
だいたい2、3度高いsun
(冬は逆に低いsnow

=====

ところで最近、
古くなったマウスパッドを
断捨離した(^_^)/~~~

次のマウスパッド…と
探していたとき、
以前「越後亀紺屋」さんに
手ぬぐい製マウスパッドが
あったはず?と思い出した。

(リンク先はお嫁さんのブログ。
製品情報などあり)

手ぬぐいがマウスパッドになるんだ?
へぇ~…と思ったのだが
今は売っていないようなので、
うちの手ぬぐいコレクションから
1枚取り出して、
4つに折って使ってみた。
A4くらいの大きさになる。

マウスパッドとしては大きいが、
おー、マウスがよく動く!
それに、腕を乗せても気持ちがいい。
汚れたら簡単に洗える。

家にモノが増えないし、
これはgoodgood

と、ひとりでドヤ顔している
今日この頃だ。

| | コメント (4)

2012.07.28

天の声

とうとう新しいパソコンを買ってしまいました!

5代目になります。

4代目PCの動きが超遅くなり、
You Tubeの「Boys Mature Slow」も
ブチブチ音声が切れたり
画像が止まったりしてしまい、
漢字変換さえ時間がかかるようになり、

ついに「買い替えなさい」という
天の声が聞こえて、とうとう購入。

まだいろいろ移行中だけど、
いや~快適♪
センちゃんも途切れずに聞けました(泣)

ところで
先ほど「天の声」と書いた声のこと。

普通、自分が思っていることって
頭の中や心の中で、
自分の声として聞こえるでしょう?

それがこの
「パソコンを買い替えなさい」
というのは、
知らないおじさんの声で聞こえた。

だからもうこれは本当に
買うべき時なんだと思ったんだけど、

誰の声だったのかな?

| | コメント (4)

2012.07.27

暑いので

暑いですね。

新潟はまだ
35度までいってないようだけど、
そういう日がくるのも
時間の問題でしょう。

こんな日に
家で仕事の準備をしていて
ちょっと疲れた時、
「あー疲れた~」と
椅子から降りて、
フローリングの床に
寝転がってみたりする。

(そのまま昼寝してしまう時もcoldsweats01

以前読んだ
どなたかのブログに
「フローリングの床に寝ている姿は
他人から見たら、
『倒れている』ようにしか見えない」
ということが書いてあった。

確かにそうかも。

畳だったら、
「ゴロ寝?昼寝?」と
思ってもらえそうなのに。

不思議だ。

| | コメント (2)

2012.07.26

星占い

昔は星占いが結構好きだった。

雑誌ananの最終ページは
林真理子さんのエッセイで、
そのひとつ前が星占い。

よく当たると評判だったので
毎週のように買っていた。

広瀬香美さんの歌に
「よく当たる星占いに~」という
フレーズがあるが、
あれはきっとananだと
勝手に思っている。

早く星占いが読みたい~happy02
という気持ちをおさえて、
表紙から順に読んでいき、
星占いに一喜一憂して
マリコさんで締め。

ちなみに同僚だったN田さんは
金曜日になると(発売日)
「anan買った?見せて」と
星占いだけちゃっかり読んでいた。

そんな私だったが、
結婚したら一気に
星占いが気にならなくなった。

…わかりやすい…

あまりのわかりやすさに
自分であきれてしまう。

単純なB型ね(←オイオイgawk

| | コメント (2)

2012.07.25

血液型

たとえば
「kaoさんって変な人ね」と
言われたとする。

(「たとえば」じゃないって?)

本当だとしてもsweat01
それはそれで仕方ないので、
「ま、いいか」と思う。

でも
「kaoさんってB型だから
変な人なのね」と言われたら、
それはちょっと違う。

「B型だから」変なのではなく、
私自身が変なのだ。
血液型のせいではない。

そんなふうに
血液型で決めつけるのは
どうかと思うが…

そう言いながら、
実はこれは便利なので
「いやーB型なのでマイペースで
すみません」と
言い訳に使ったりもする。

結局血液型に
振り回されている?

| | コメント (4)

2012.07.24

音楽の週末(2)

7月22日(日)山本達彦 南青山MANDARAにて

=====

貴公子といえばやっぱり
達彦さま、というわけで
(違う?違わないわよね)。

私大江千里ファンとうたってますが↑
実は80年代は達彦さんもよく聴いていた。

達彦さんは今、ほぼ毎月のように
MANDARAでライブを行っている。
(8、9月はお休みのよう)

まずピアノの弾き語りからスタート。
ピアノの前には向日葵が活けられている
(なんと達彦さん持参)。

その後バックを務める「モンジュー」が入り
(ギター、アコーディオン、ベース)、
さらにその後、達彦さんはギターを持ち、
「キャサリン」など懐かしい80年代の曲を
次々と演奏した。

7月ということで、夏向きのナンバーや
ギター中心のアップテンポな曲が
多く用意されていたが、
思いがけず、涼しい曇りの日だったので
ちょっと残念。

=====

私が以前行ったライブは
1989年の6月、グローブ座だった…
ってことは23年ぶり!

もちろん見ているこちらも
23年分確実に年をとっているけど、

MCに健康談議も出てくるようになり、
いまや貴公子も
「ブティックのカードよりも
病院のカードのほうが多い」
(本人談)という。

でも歌声の感じや、
曲の後の「どうもありがとう!」は
23年前のライブと変わらないように思えた。

そして何より、
ずっと達彦さんの音楽活動が続いていて、
こうしてライブを聴くことができるのは
とても嬉しく、ありがたいことだ。

=====

私にとって今月は
なんだか「初心に帰る」月間だなぁ…

などと思いながら帰途についた。

| | コメント (2)

2012.07.23

音楽の週末(1)

7月21日(土)IZU-YU 鎌倉欧林洞にて

=====

IZU-YU(いずゆう)とは…
伊豆田洋之さんと鈴木雄大さんのユニット。
ソロシンガーの2人だが
時々一緒に活動している。

うちの夫がこの2人のファンなので、
私も何度かライブに同行しているが、
あまり地方でライブが行われないので、
こうして遠征することになる。

今回の会場は
鎌倉の「欧林洞(おうりんどう)」という
紅茶とケーキの専門店だ。

素敵な洋館の1階が喫茶で、
2階がギャラリースペースになっており、
ライブやイベントができる。

そういうお店なので、なんと!
ライブは2部構成で、
1部終了後、お客さんは1階の喫茶に降りて
ケーキと紅茶をいただくという
ティータイムがあるのだ。

もちろんティータイム代は
チケットに含まれている。

この日は2種類のパウンドケーキ
(たぶん蜂蜜とアプリコット?)と
ブルーベリーのフレーバーティーを
おいしくいただいた。

さて、ライブのほうは、
もともとソロで歌っている2人なので、
お互いの持ち歌を数曲ずつと、
IZU-YU名義のオリジナルを少し
(あまりたくさん作ってない)。

あと、洋楽のカバーを数曲、という構成だ。
今回はサイモン&ガーファンクルの特集?で
「サウンド・オブ・サイレンス」
「明日に架ける橋」
「ミセス・ロビンソン」(←これは十八番)を演奏。

2人のハモる声がとても合っていると思う。
そして、それをよく聴くことができるのが
「エボニー&アイボリー」。
これもIZU-YUライブでは毎回演奏される。

ハーモニーはとても合っているのに、
なぜかMCの会話は微妙にずれていたのが
なんだか微笑ましかった。

=====

鎌倉を後にして、練馬の私の実家に一泊し、
翌日は次のライブへ。
貴公子のもとに向かった私たちであった。

(つづく)

| | コメント (2)

2012.07.22

外苑前なう。

(注)ツイッターはやってませんってば。

ライブ会場のある外苑前に到着。
当日券もあるそうで一安心。

| | コメント (2)

銀座なう。

このタイトルに
ヾ(=^▽^=)ノ
と反応するそこのあなたは
たぶん同年代ですね。

(注)ぎんざNOWってテレビ番組、
関東ローカルだったかも?

さて、今銀座、というか
厳密にいえば日比谷。
ランチです。

この後移動して
ライブ会場に向かいます。(^_^)/~

| | コメント (4)

2012.07.21

鎌倉なう。

(注)↑というタイトルですが
ツイッターは相変わらず
やってません(^^ゞ

鎌倉の欧林洞というお店にいます。
ライブです。

実は明日もライブで…
今週も音楽に親しむ週末♪
詳しくは週明けに(^_^)/~

| | コメント (2)

2012.07.20

庭先にて(オオバコ)

駐車場の砂利の隙間から
オオバコが生えている

子どもの頃、
穂をつんでひっぱりっこ
したものだ

去年くらいから繁殖しはじめた

不思議なもので、
同じ庭でも
毎年同じ雑草が
生えるとは限らない

うちの場合
スギナとかクローバーとか
レギュラーメンバーもいるが、
ある年突然生えてきた
コナスビやマメツブツメクサがあったり、
逆に、以前は繁殖してたのに
最近は減った草もある(名前忘れた)

さて、そのオオバコ、
うどんこ病になってしまった

うどんこ病も不思議で、
菌が原因だそうだが
ひとつの菌は、
ある特定の植物にしか
病気を発生させないらしい

うちの場合、オオバコは
ひどい目にあっているが
周辺の他の草には
何の影響もない、といった具合だ

それで
被害がひどいオオバコを
抜いていたら

Kero

葉っぱの上にカエルくんが!

縦になってた
(横になってる、ではなく)

離れたところに
もう1匹いたので
とりあえず2匹はいるようだ

うちには池はないけど
大丈夫だろうか?

| | コメント (2)

2012.07.19

庭先にて(今日の草取りはパス)

ついに新潟も
「梅雨明けしたとみられる」そうだ

今日は晴天で暑い~

仕事が終わって
帰宅してからも、
まだまだ日が高かったので、
多少は草取りを
やろうと思えばできたけど

こないだの曇りの日に、
隣家に侵入しそうだった
クローバーとか、
背が高くなった草とかは抜いたし、
ローレルとローズマリーも
ちょっと剪定したし

なんか今日は疲れたからパス

そしたら飛脚さんが
宅配便を持ってきて

「草取りしてないんですね~」

飛脚さんが来る時、
私はたまたま草取りしてることが多く、
そうでなくても、
週1回の枝葉・草回収日のために、
取った草を入れた袋が玄関先に
どーんと置いてあったりするので

彼の中には
「kao=いつも草取り」という
図式ができている

よし、これで…

通販で買い物をして、
指定日時配達にしておけば、
もしも熱中症で倒れていても
飛脚さんが見つけてくれるだろう

安心して草取りができる

ただし、指定日時のみだけどね

(って、そこまで草取りする気か?)

| | コメント (2)

2012.07.18

流れ出す

今担当している仕事を
前任者から引き継いだ時に
「○○は絶対ありえないから」
と言われた事柄があった。

○○というのは、
あってはいけないことではなく、
むしろあったほうがいいんじゃない?
という事柄だ。

確かに昨年度はなかった。

ところが、
今年は○○が起こった!

この時私は
「あーこれはやっぱり
あったほうがいい」
と嬉しく思ったのと同時に、

「詰まりがとれた」

と感じた。

ちなみに、
○○が起こらなかったのは、
何かが滞っていたわけではない。

でもなぜか不思議に、
詰まっていた何かがとれて、
風や水が流れだしたような
感じがしたのだ。

=====

断捨離では、今の自分に
不要・不適・不快なものを
手放していく。

人間の目に見える世界
(=家の中)で
詰まっているもの
(=不要、不適、不快なもの)を
とりのぞくことが、
目に見えない潜在意識にも
作用するという。

(マガジンハウス刊
やましたひでこ著
「新・片付け術 断捨離」より)

=====

○○が起きたころは、
特に断捨離が進んでいた
わけではなかったが、

排水口の掃除をしても
なかなか流れなくて、
数日続けていたら
ある日突然流れ出したみたいに、

今まで少しずつ
進めてきたのが重なり、
流れ出したのだろうか。

=====

こんなことがあると
「またがんばろうrock」と思う
単純な私だ。

| | コメント (0)

2012.07.17

それはずるいよね?

たまに主婦向け雑誌の
節約特集などを見ると

「4人家族で1ヶ月の食費が
1万円台」という人が出ている。

「えーっ本当?」と思って
よく読むと、
「実家が農家なので
お米を送ってくれる」とか
「両親が趣味で畑をやっていて
季節の野菜を分けてくれる」
という。

それはうらやましい、いえcoldsweats01
ありがたいことだと思うし、
食費の節約ではあるけど、

普通に購入している人と
同列に並べるのは、
ちょっと違うんじゃないかな?

| | コメント (0)

2012.07.16

新潟ジャズストリート(2)

新潟ジャズストリートで
いくつかのバンドのライブを見て
ふと思った。

=====

①やっぱり楽しそう。

=====

私も大昔、アマチュアバンドを
やっていたことがあるので
たとえばお客さんが少ない会場だったり、
自分たちで重い機材を運んだりしても、
こういう機会は楽しいと思う。

=====

②この人たちは、
普段はどこにいるんだろう…

=====

音楽を仕事にしている人も
いるかもしれないが、
おそらく多くの人は
別の仕事を主な収入として、
趣味的に音楽を
やっているのではないか。

とすると、
その辺の会社とかに
いるってことではないか。

JRなどですれ違っているのか。

=====

③もっと宣伝しないのかしら。

=====

ジャズストリートと言っても
街は結構地味だったので、
のぼりを立てるとか、
もっと目立つようにしたらいいのに。

駅南広場あたりでも
無料ライブができたのでは?

また、バスセンターでは別のイベントで
ライブをやっていたので、
ジャズストリートと合体させたら
よかったのに、と思った。

何も知らずに街に出てきた人を
「あ、こんなのやってる~」と
引き込むような工夫も
必要ではないかしら。

=====

以上、思ったことを書いてみました。

次回は2013年1月19日(土)に
開催されるそうです。

| | コメント (2)

2012.07.15

新潟ジャズストリート(1)

「新潟ジャズストリート」に行ってきた。
このイベントは、新潟市中心部の
いろいろなお店やホールで、
ライブが繰り広げられるというものだ。
有料だが、1000円のチケットを買えば
1日中どこの店も自由に入れる。
古町商店街など無料の路上ライブもある。
今回は第20回とのことだが、
私は初参加だ。

「ジャズストリート」とはいうが、
ジャズばかりではなく、
ボサノバやフュージョン、
ポップスなどさまざまなジャンルの
演奏が聴ける。
 
今回一番のお目当ては、
友人が参加しているバンド。
それは夕方からの出演だったので、
始まるまで、昼からいくつかの
会場をはしごしてみた。
福島から参加してくれたバンド
(がんばろう東北!)。
CDを出したというバンド。
カナダ出身の男性の弾き語り。

ワールドミュージック
(っていうのかな)のバンドでは、
以前別のイベントで見た
パーカッションの人を見つけた。
彼はカホンやタンバリンを叩くが、
足首に鈴をつけており、
トン、と床を踏むと
鈴がシャランと鳴る。

1人で2つの打楽器、カッコいい~
と、前回のイベントで感心して
よく覚えていた。
さて、友人のバンドは
懐かしい70年代ポップスや
スペイン、ポルトガルの曲などを
演奏していた。

何と言っても!
メンバー同士の掛け合いが楽しく、
アントニオ猪木の入場テーマ曲を
さりげなく織り込むなどの
遊び心も楽しく、
昼間の歩き疲れも癒された。
(つづく)

| | コメント (3)

2012.07.14

間違い電話

携帯電話にも
間違い電話はある。

単純に1ケタ間違えたのか。
もしくは、番号の変更を
知らなかったのか。

留守電に入っていたこともある。

「○○を送ったからね」と、
お母さんから子ども、
あるいはおばあちゃんから孫?

こういうのは可愛いけど、

北海道のレンタルショップから
「ビデオの返却期限を過ぎています」
という督促の留守電が
入ってたことがある。

普通、間違いの留守電は放置するが
この時ばかりはかけ直して、
新潟在住で、心当たりが
ないことを訴えて
理解していただいた。

たぶん、その会員は
私の携帯番号を
以前使っていた人なのだろうが、
まったく迷惑だpout

と同時に、
「この番号、北海道で使ってたのか…」と
なんだかしみじみとした。
(BGM:北の国から)

間違いといえば、最近、
知らないアドレスの人から
「メールアドレスが変わったよheart04
こっちにメールちょうだいね」
というメールが2通ほど届いた。
(本当にハートマーク入り)

記名なしなので、誰だかわからない。

「どなた?」と返信しようかと思ったが、
悪いサイトに連れていく手口かも
しれないので、とりあえず無視している。

というわけで、
お友達のみなさん、
メアド変更のお知らせメールには、
日本語で記名しておきましょうね。

| | コメント (4)

2012.07.13

葛藤

ある仕事先でお会いする方が、
とても几帳面で、

たとえば通路を歩いていて、
通路の脇の共用スペースに
置いてある椅子が
ちょっと曲がっているのを
直したり、

掲示板の画びょうが
中途半端なところに
刺さっているのを
きちんと整列させたり
しているので、


Cocolog_oekaki_2012_07_13_18_23

(↑赤いのが画びょうね。
掲示物の右の2つが中途半端。
これを下の3つ並んでるところに
移動させる)

思わず
「血液型は何ですか?」
と聞いてみたくなる。

「几帳面=A型?」と
思っているのだが、

B型の私も
掲示板の画びょうは
共感できるし
(ホワイトボードのマグネットとか
直したりする)、

話しているとその人は
あまり几帳面っぽくはないし、

と思わせておいて
実は几帳面で、
おおざっぱなB型のkaoに
苦労してたら困るし、

なにより
「血液型に縛られる自分」が
イヤだったりするので
今のところ聞けないでいるのだ。

| | コメント (2)

2012.07.12

東京JAZZ!

千里の森」7月11日付記事より

=====

ジャズピアニスト・大江千里、
東京JAZZ 2012にて初お披露目!

『Boys Mature Slow』をリリース予定の大江千里が、
今、国内最大級のジャズフェスティバル
『東京JAZZ 2012』に出演が決定!
9月7日(金)【the PLAZA】
(東京国際フォーラム 地上広場)

詳細は現在調整中ですので、
公式HPでご確認ください。

www.tokyo-jazz.com

=====

9月7日(金)…
夕方まで仕事。無理だ~weep

河上先生とか、
マイケルさんとか一緒かしら。

千里さーん!

新潟にも「新潟ジャズストリート」って
イベントがありますよ~

7月…はムリか。
来年1月にも開催されます~

大雪かもしれませんけどsnow

…あ、しまった。
言葉は物事を呼び寄せるんだった。

天気、大丈夫ですよ~
飛行機も新幹線も平常通り!

| | コメント (8)

2012.07.11

断捨離記念日

実は、私にとって今日は
断捨離記念日だ。

2010年7月10日、
当時やっていた
某ボランティア関係で
研修講師をすることになり、
一泊で岐阜に行ってきた。

新潟→東京→名古屋と
新幹線を乗り継ぎ、
名古屋から在来線という
長旅。

往路の新幹線で、
確か文庫になったばかりの
湊かなえ「告白」を読んだ。
(『世直しやんちゃ先生』って
あの人とこの人の合体じゃん、
とか思いながら)

そして翌日の11日、
車中で読むために、名古屋駅で
マガジンハウスの「断捨離」を購入。

断捨離に出会ったというわけだ。

=====

…あれから2年。

今、ちょっと家を見回すと、
…モノは減ったはずなんだけど
まだまだ雑然としている。

モノを家に入れないように
意識したり、
隔週の古紙回収に出す
紙の量が減った気がするとか、
多少は進化してるとは思うのだが。

ともかく(ゆるゆるとだが)
断捨離をやめることなく
3年目に突入だhappy01rock

がんばったね&
またがんばろう~

| | コメント (2)

2012.07.10

庭先にて(モナルダお嬢様3)

暑さにまけない
今日のモナルダお嬢様たち

Mona07102

最初と2番目、3番目のお嬢様は
もうお花を終わらせたけど
他のお嬢様たちが続いている

全体はこんな感じ

Mona0710

| | コメント (2)

2012.07.09

気づいたこと(その3)

「断捨離×おんせん合宿
in鳴子温泉郷で
気づいたこと」の続き。

=====

(4)2日目のトレッキングで
私の前方を歩いてた人たちが
「キャ~!」と叫び声を上げた。

マムシが出てきたという!

しかも、
マムシの話をしていたら、
いきなり出現したそうだ!

=====

帰りのJRでPさんと
仕事の話などをしていた。

乗り換えの古川駅に着き、
ふと携帯を見たら
会社からメールがきていたshock

=====

言葉は物事を呼びよせる。

よく言われることだけど、
まさに実感した。

みなさん、
いいことを話しましょうhappy01

| | コメント (2)

2012.07.08

気づいたこと(その2)

「断捨離×おんせん合宿
in鳴子温泉郷で
気づいたこと」の続き。

=====

(3)セミナーの中で
「私」を表すことばを9つ挙げ、
周囲の人に説明したり
質問を受けたりするという
ワークがあった。

「私」というのは
たとえば「妻」とか「娘」だったり、
「○○をしている」
「△△が好き」だったり。

「猫の召使い」という人もいた!

さて、私は遅れて参加したので
あわてて考えた。

考えた中に
「新潟県民(東京出身)」
というのがあった。

新潟に来て13年が過ぎ、
某ボランティアをしてた頃は
新潟の看板をしょって歩き、
サッカーはよく知らないけど
アルビレックス新潟の順位は
気になるという私だが、

この時ふとスティングの
「Englishman in NewYork」を
思い出した。

どうしてだろう?

あとで考えてみると
それに呼応するように、

今回の事務局Mさんや
宿のご主人が偶然、
同じ大学の出身だとわかった。

(きっと第一学食あたりで
すれ違っていたと思うrestaurant

さらに、参加者のSさんが
同時期に同じ会社で
働いていたことがわかった。

(ちなみに、そこは当ブログで
よく「S社」として出てくる会社だ。

Kくんの送別会に一緒に出た
「若さま」
のこともSさんは
ご存じだった!

きっと社食ですれ違っていた
に違いないnoodle

大学とS社、どちらも
東京の同じ街にあり、
久しぶりにその街に
連れて行かれた感じだ。

どうしてだろう?

こんなことがあると、
「何か意味があるかも」と
深読みしようとするのは
考えすぎか。

| | コメント (2)

2012.07.07

気づいたこと(その1)

というわけで、
「断捨離×おんせん合宿
in 鳴子温泉郷」に
行ってまいりましたspa

気づいたことがいろいろ。

=====

(1)デジカメを持参しても、
ほとんど部屋に置いてくる私sweat02

今回は持参したけど、
日帰りで出かける時など
デジカメを持たないこともある。

ブロガーとして
どうなのかこの態度despair

=====

(2)今回宿泊した
「旅館 大沼」さんの看板。

Ryokan_ohnuma

正面の古い看板には「婦人名湯」。
女性に嬉しい、
お肌にやさしい重曹泉。

そして、
左側の看板の温泉マーク。

Ryokan_ohnuma2_2

モビールになっていて
湯気のように
ふわふわと動く。

音符にも見えるよ♪

| | コメント (2)

2012.07.06

from新幹線( 3)

結局、帰りの新幹線でも
隣の席はおじさんだったので
「おじさん図鑑」読むのは自粛( -_-)

やっぱり靴脱いでるし。

図鑑通り短パン革靴のヒトも
歩いてたし。

【教訓】
小心者の人は、
とりあえず外で本を読むときは、
カバーをかけよう。

| | コメント (2)

2012.07.05

from新幹線( 2)

新幹線では、
持参した「おじさん図鑑」を
ニヤニヤしながら読んでいたが、
途中から周囲におじさんが増えてきたので中断。

図鑑通り靴脱いでるし。

| | コメント (0)

from新幹線

無事新幹線に乗車(ホッ)

今回は若き断捨離トレーナー、
あずみゆきこさんによる
講座である。

講座以外にも
ホタル鑑賞やトレッキングなど、
野外活動もあり、
リフレッシュできそう(^-^)

東鳴子温泉のお土産を調べたら、
おいしい栗まんじゅうがあるらしい。
楽しみ〜

| | コメント (0)

2012.07.04

旅の友(2)

明日、東鳴子温泉に行ってきます。

すみません、また断捨離合宿です。
(「またぁ?」と言われる前に言っておく)

ひと仕事終えてから行くので、
ちょっと遅刻します。

さて、前回は「相棒」パンが
旅の友でしたが、
今回の友。

Ojisan

ごく普通の日本のおじさんたちを
観察、分類した本だそうです。
テレビで紹介されていたので
お読みになった方も多いでしょう。

表紙見ただけでも妙にリアリティが。

さりげなく(わざと)
ポケットに半分かくれているのは
図書館の本だから
(図書館のバーコードが貼ってある)。
3月半ばに予約して、54人待ちで、
やっと来ました。

新幹線で読もうっとbullettrain

=====

というわけで、明日、明後日は
携帯から更新予定です。

更新記録は無事続くのか?
乞うご期待(笑)

| | コメント (0)

2012.07.03

コーヒーショップで

以前、某コーヒーショップで。

ちょうどレジカウンターに
背を向けた席にいたが、
お客さんが入ってくるたびに
「いらっしゃいませ」
「マグカップでよろしいですか」
など、店員さんの応対の声が聞こえる。

ある時、
お客さんと応対しているにも
関わらず、声が聞こえなかった
ような気がした。

そのお客さんが注文を済ませ、
トレーを持って
空いている席についた。

ところが何か忘れ物をして、
店員さんがすぐ追いかけてきて、

彼女の肩をトントンとたたき
その忘れ物を差し出した。

彼女は
(あらすみません、ありがとう)
というような手話と表情をした。

そう、彼女は
耳が不自由だったのだ。

私はそのお店に何度か
同じような時間帯に訪れたが、
彼女は常連さんのようで
その後も時々見かけた。

店員さんは手話ができるという
わけではなさそうだったが、
身振り手振りや、
メニューの写真を指差すことで
彼女に応対していたようだ。

だから、応対していた声が私には
聞こえなかったわけだ。

肩をトントンするのも
(普通は、体に触れられるのは
嫌がる人も多いかもしれないが)
相手が耳が聞こえない場合は
大事な「呼びかけ方」のひとつだ。

店員さんも彼女への応対に
慣れていたのかもしれないが、
そんなちょっとした心遣いは
傍観している私にとっても
なんだか嬉しかった。

聞こえない彼女もきっと
ここに来るのが楽しいだろうな。

| | コメント (4)

2012.07.02

INとOUT

断捨離でよく聞く話が
INとOUTの法則。
「出すことにより、新たなものが入ってくる」
ということだ。

新たに来る、
それはモノ限定ではなく、
事柄だったり
ヒトだったりもする。

結婚相手が見つかった!
というケースもある。

さて、
月2回の古紙回収の日に、
新聞やパンフなどを出して
スッキリしたわが家。

翌日早速入ってきたのは…

…新しい通販カタログの束。

まだまだ修行が足りないらしい( -_-)

| | コメント (2)

2012.07.01

スタート!

今年も半分終わった。

いろいろあったような、
そうでもないような。

さあ、気を引き締めて
後半戦のスタートだ!

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »