« ラ・フォル・ジュルネ新潟(白山公園にて) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ新潟(続き) »

2012.04.30

ラ・フォル・ジュルネ新潟

ラ・フォル・ジュルネは
クラシックの音楽祭で、
今年の開催地は新潟の他に
東京、金沢、琵琶湖、鳥栖。

1つのテーマで
(今年は「サクル・リュス」
=ロシアの祭典)
低料金で短時間のコンサートが
数多く開催され、気軽に
いろいろなアーティストの
演奏が聴ける。

今年はロシアの音楽が
テーマなので、ポスターにも
ラフマニノフ、チャイコフスキーなどの
似顔絵が描かれているが、
(失礼ながら)おじさん5人衆で
なんだか地味っぽい。

さて、今年私が選んだのは
「ルネ・マルタンの『ル・ク・ド・クール』」
というプログラム。

「ル・ク・ド・クール」とは
「ハート直撃コンサート」
という意味だそうだheart01

ルネ・マルタンはこの音楽祭の
アーティスティックディレクターで、
彼が司会として登場し、
(当然通訳あり)
今回一押し!の3組を紹介する
(もちろんその3組の演奏あり)、
言うならば「いいとこどり」?な
プログラムだ。

まずはピアノのビジャーク姉妹。
「ペトルーシュカ」のピアノ連弾版だ。

きれいな姉妹だったが…
演奏が始まると、
私の席からは背中しか見えず(泣)

これは「のだめカンタービレ」で
のだめが千秋のオケと
共演したいと思った曲だが、
そう思った時には、すでに
孫ルイと千秋の共演が決まっていた、
というあの曲だ。

2組目はモスクワのオーケストラ
「ムジカ・ヴィーヴァ」。
指揮者がチェロ奏者というのは
初めて見た。

チェロが中心にいると、
なんだか落ち着いた感じ。

指揮者があまり愛想をふりまかない人で、
演奏が終わって拍手喝采でも
にこりともしない。
音楽学校の先生だそうだが
きっと厳しいんだろうな~。

(つづく)

|

« ラ・フォル・ジュルネ新潟(白山公園にて) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ新潟(続き) »

コメント

おもしろそうなイベントに、出掛けて来たんですね。
クラシックは、あまり分からないし、長時間、聞く自信はありませんが…sweat01
でも、こういうイベントなら、私にも楽しめそう。
音楽って、やっぱり、いいですねーnote

投稿: lavi | 2012.05.25 21:46

★laviさん
クラシックはほとんど
「のだめ」関係しかわからないミーハーな私。
でも楽しかったですよ。
このイベントとしては、新潟会場は
あまり収益が上がらなかったらしいけど、
また開催してほしいです。

投稿: kao | 2012.05.25 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ・フォル・ジュルネ新潟(白山公園にて) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ新潟(続き) »