« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.30

ラ・フォル・ジュルネ新潟

ラ・フォル・ジュルネは
クラシックの音楽祭で、
今年の開催地は新潟の他に
東京、金沢、琵琶湖、鳥栖。

1つのテーマで
(今年は「サクル・リュス」
=ロシアの祭典)
低料金で短時間のコンサートが
数多く開催され、気軽に
いろいろなアーティストの
演奏が聴ける。

今年はロシアの音楽が
テーマなので、ポスターにも
ラフマニノフ、チャイコフスキーなどの
似顔絵が描かれているが、
(失礼ながら)おじさん5人衆で
なんだか地味っぽい。

さて、今年私が選んだのは
「ルネ・マルタンの『ル・ク・ド・クール』」
というプログラム。

「ル・ク・ド・クール」とは
「ハート直撃コンサート」
という意味だそうだheart01

ルネ・マルタンはこの音楽祭の
アーティスティックディレクターで、
彼が司会として登場し、
(当然通訳あり)
今回一押し!の3組を紹介する
(もちろんその3組の演奏あり)、
言うならば「いいとこどり」?な
プログラムだ。

まずはピアノのビジャーク姉妹。
「ペトルーシュカ」のピアノ連弾版だ。

きれいな姉妹だったが…
演奏が始まると、
私の席からは背中しか見えず(泣)

これは「のだめカンタービレ」で
のだめが千秋のオケと
共演したいと思った曲だが、
そう思った時には、すでに
孫ルイと千秋の共演が決まっていた、
というあの曲だ。

2組目はモスクワのオーケストラ
「ムジカ・ヴィーヴァ」。
指揮者がチェロ奏者というのは
初めて見た。

チェロが中心にいると、
なんだか落ち着いた感じ。

指揮者があまり愛想をふりまかない人で、
演奏が終わって拍手喝采でも
にこりともしない。
音楽学校の先生だそうだが
きっと厳しいんだろうな~。

(つづく)

| | コメント (2)

2012.04.29

ラ・フォル・ジュルネ新潟(白山公園にて)

今年も
「ラ・フォル・ジュルネ」に
行ってきた。

今回の記事は、
会場に行くまでの話。

=====

4月28日。
天気がよかったので
古町から白山神社に向かって
ぶらぶら歩く。

関連イベントとして
ところどころに
ステージがあり、
アマチュアミュージシャンが
演奏している。

フルートアンサンブルと、
ジャズのステージを
立ち止まって見た。

ジャズのほうでは
打楽器「カホン」の演奏を
初めて見たので興味津々。

=====

その後
神社を通りぬけ、
白山公園へ。

Sakura

もう、あまり見向きも
されなくなった木で
一生懸命咲いている桜。

Sakura1

幹の途中で
がんばってる子たちもいた。

そして、こっちの木では
おや?
こんなところに

Mickey

落とし物か、忘れ物?

誰かが拾って
のせてくれたんだろう。

Yaezakura

今は八重桜が見ごろだった。

さぁ、そして会場の「りゅーとぴあ」へ!
(つづく)

| | コメント (2)

2012.04.28

庭先にて(チューリップ2012(その3))

チューリップその後

=====

4月25日

Tulip20120425

先に咲いた白い花は
ちょっとくたびれている

黄色、赤が目立ってきた

=====

4月27日

Tulip20120427

白はすっかり散ってしまった

黄色、赤、ピンク、紫が
咲きそろって
華やかになってきた

紫はちょっと小さめかな

| | コメント (2)

2012.04.27

素数

父の十七回忌の食事会で、
義弟(香港出身)が
「法要は何年めにするのか」
ということを母に聞いていた。

一周忌
三回忌
七回忌
十三回忌
十七回忌…

それを聞いて
「素数だ」と彼は言った。
「1」とその数自身でしか
割れない数字。

なるほど~

「素数」は
数学で勉強したかもしれないが
もちろん覚えていないcoldsweats01

でも私がすぐわかったのは
「博士の愛した数式」
(小川洋子著)という本を
読んでいたから。
映画も見たし。

意外なところで
記憶がつながった感じだ。

=====

【注】
素数に「1」は含まれないし、
「三十三回忌」があるので、
すべて素数ではありません。
念のため。

=====

【一口メモjapanesetea
ちなみに十七回忌以降は
二十五、三十三、五十、百回忌
(以降は50年ごと)とする地域と、
二十三、二十七、三十三…と
「三」と「七」の年に行うという
地域があるそうです。

| | コメント (2)

2012.04.26

capel(カペル)

先日、
実家の父の十七回忌で
家族が集まった。

(十七回忌、といっても
お墓参りをして、
ちょっと豪華な昼食を
いただくだけだが)

その時、妹が
リバティのcapel柄の
ミニバッグを持っていた。

彼女は今、capelに
はまっているそうで、
服やグッズも持っている
とのこと。

私も数ヶ月前、
A4サイズが入るサブバッグを
探していて、
capelのバッグに出会い、
ちょっと高かったけど
気にいって買ったのだ。

やっぱりきょうだいは、
好みが似るところが
あるのかしら。

capelは
人気があるらしいので
偶然かもしれないけど。

| | コメント (4)

2012.04.25

心おぼえ(since2004)

●ブログネタを考えていて、

「あ、このことを書こうかな…
…いやちょっと待てよ。
これって前に書いたかな?」

と思うことがある。

確認して驚いたのだが(←人ごとか)
当ブログの開設は2004年8月。
今年は8年目になるのだ。

…8年もたてば同じネタが出てくるかも(逃)

=====

●しかも、私は
他のブログを書いてた時期もある。

センちゃんと「ログ友」になりたくて
始めたplaylogとか(現在はサービス終了)、
いつのまにか消滅した某SNSとか。

このココログでも、家事関係のブログや
ワイヤーワークのブログを
書いていたこともあるし(現在は終了)。

当ブログの記事なら検索もできるが、
消滅した記事たちはもう探せないので、
同じネタがあるかどうかもわからない。

…ってことは、同じネタでもばれないか(逃)

=====

●というわけで、
「その話聞いたことある」というネタが
出てくるかもしれませんので、
その際はコメント等で遠慮なく
ご指摘くださいませm(__)m

(↑ある意味開き直りか?)

| | コメント (0)

2012.04.24

ダンさん

「断捨離」ということばを
初めて聞いて
「『ダン・シャーリー』って
人の名前かと思ったcoldsweats01

という笑い話、
ダンシャリアン
(=断捨離している人)の
みなさんは
よく耳にしていると思う。

=====

最近、捨てスイッチが
入ってない私だが、
こんなときに限って
母と妹に
「断捨離やってる~?」などと
聞かれる始末だ。

(注:母と妹は
ダンシャリアンではなく
私が断捨離挑戦中と知って
面白がってる?だけsweat01

そんなわけで
「断捨離が進んでないな~bearing
断捨離、ダンシャリ…」と
考えていたら、ついに

「断捨離を普及させようとする
外国人のダン・シャーリーさん」

というキャラクターを
考えてしまった。

ダンさん、30代後半。
外資系企業の
(なぜか)新潟支社勤務。
日本語もけっこう得意。

外国人ということを言い訳に、
日本人の空気など読まない
(確信犯)。

片付いてないところを
どんどん指摘する。

「kaoサ~ン?
ダンシャリ、進ンデマスカ~?

ソノ通販カタログ、
注文終ワッタラ処分スルカ、
本棚ニシマイマショウ!

オヤ?オサイフニ
れしーと、タマッテマスネ!」

_| ̄|○

…自分で考えたキャラとはいえ、
セリフを書いてみると
ちょっとウルサイかも。

やっぱり断捨離は
人に言われてするものではなく、
自分とモノとの対話だ。

それを気づかせてくれる
ダンさんなのであった。

| | コメント (2)

2012.04.23

庭先にて(チューリップ2012(その2))

昨日、新潟市には
強風が吹いていた

今朝、
庭のチューリップを
見てみたら
風にあおられたのか
3本ほど折れて
地面に倒れていた

かわいそうに…

と思い

根元から切って
ちょっと洗って
ローズマリーと一緒に
花瓶に活けてみた

Tuliprosemary

【一口メモpencil

ローズマリーには
抗菌効果があるので
お花を活ける時
花瓶に一緒にいれておくと
水が傷みにくいのだそうだ

| | コメント (2)

2012.04.22

捨てスイッチ

私は断捨離挑戦中で、
不要なものは処分しようと
心がけて暮らしている(つもり)。

引き出しをひっくり返して
中身を確認し、
「これは使わない」
「もうお役御免」と
処分がさくさく進む時がある。

翌日がゴミの日だったりすると
進行速度も倍増。

そんな時私は
「『捨てスイッチ』が入ってるな~」
と思うが、
なにぶん断捨離修行中の身。
スイッチONが続くわけではない。

なんだか忙しい時期には、
ボールペン1本を
ペン立てに戻すのもおっくうになり、
捨てスイッチは完全OFF状態、
部屋がじわじわと散らかっていく。

「あー片付かない」
「今日も、何も捨てられなかった」と
ダメ出しをして、ブルーになる。

しかし、ふと気付いた。

「今日も片付かないな~」と思いつつ、
「もしかしてこのお皿は使わない?」
などと、ちゃんと頭の隅で考えている。

実は、やるじゃん自分。

スイッチが入ったらきっと
すぐに着手するに違いない。

もう少し信用してあげよう。

| | コメント (2)

2012.04.21

毎日ねえさん

↑は有名な「毎日かあさん」の
パロディなのですが
(西原先生すみませんm(__)m)、

このタイトルの「毎日」について。

=====

最近、毎日のブログ更新に
挑戦中のkaoです。

なぜ今さら「毎日」か。

先日図書館で借りた
自己啓発系の本に、
「やる気を出す」「継続する」
にはどうするか、
といったことが書いてあった。

語学やトレーニングなど、
毎日継続できたら
自分にご褒美をあげるのも
モチベーションを保つ
ひとつの方法だそうだ。

そういえば私は、
「毎日続ける」という事柄が
特にない。

ブログは結構長いこと
開設しているが、
「毎日更新」なんて無理だと、
はなっからあきらめていた。

じゃ、毎日更新してみようか。

…という軽い気持ちで
毎日更新してみることにしました。

続くといいですね(←人ごと?)

=====

次に、タイトルの「ねえさん」のこと。

私には弟と妹がいるので
実際「姉さん」なんですが、
他でも「ねえさん」と呼ばれることがある。

しかもある人は
「姐さん」←この漢字限定だという。

姉キャラなんでしょうか。

=====

というわけで
本日のタイトルになりました。

| | コメント (2)

2012.04.20

【今日のBGM】さくら(森山直太朗)

というわけで、桜が開花した新潟市。

昨日の帰りに見た鳥屋野潟の桜、
5~6分咲きというところだった。
(運転中だったため写真はナシ)

すっかり
桜シーズンの定番ソングになった
森山直太朗の「さくら」。
地元のFM局でも
最近よくかかっている。

ある日の帰りに
「さくら」の1番が終わったところで
家に着いたのでラジオを消した。

そして翌日、
車に乗ってラジオをつけたら
なんと「さくら」の2番が
かかってるところだった!

前の日の続きかと思ったほど
あざやかな連係プレーcherryblossom

| | コメント (2)

2012.04.19

心おぼえ(宅配便)

●通販で買いものをした。

確かあの会社からの荷物…
こないだは黒猫さんが
届けてくれたのに、
今日は飛脚のおにいさんが
持ってきた。

すべて黒猫さんに
頼むのかと思ってたら、
微妙に使い分けてるのか。

=====

●勤め先の会社から
仕事関係の資料を
送ってもらった。
(最近、出先での仕事が多くて
出社してないので
取りに行けない)

黒猫さんが持ってきたのだが、
資料の入っていた封筒
(宅配用のじょうぶなやつ)を見ると
飛脚さんの封筒だった。

某所から会社に届いた封筒の
再利用だったので
エコ的観点からはいいのだが、
黒猫さん的にはどうなんだろう。

あんまり気にしないのかな。

| | コメント (2)

2012.04.18

have to

「あ、あのことをするのを忘れてた」

そういえば、
あのことだけじゃなくて、
このことも今日はできなかった。

パソコンを開いたら
検索しようと思っていたことばも、
パソコンを閉じた時に
思い出す始末。

なんだか、
やらなければならないことが
たくさんある。

=====

でも最近思う。

実は
「やらなければならないこと」
ではなく

「やらなければならない、
と思いこんでいること」
なのではないか?

本当に
「やらなければならないこと」
なんて、実はそんなに
多くないのではないか?

それなのに
「やらなければならない」
と思いこんでいて、
自分の首を
絞めているのかもしれない…。

to doリストを
見直したほうがよさそうだけど、

でもどれが
「やらなければならないと
思いこんでること」
なんだろう?

| | コメント (2)

2012.04.17

庭先にて(チューリップ2012)

新潟市でようやく昨日
桜の開花宣言が出た

それにあわせるかのように
庭のチューリップも
咲き始めた

Tulipwhite1204

各色とりまぜて
球根を植えたが
白いチューリップが
先発だった

二番手は誰かなtulip

| | コメント (2)

2012.04.16

イニシャルG

アルファベット1文字だと
プリンセスプリンセスの
「M」みたいだが、

そんな心にしみる
メロディとはほど遠く…

=====

(注:虫嫌いな方、
本日はスルーしてください)

私がよく訪問するブログの作者さんは
ゴキブリが嫌いで、
「ゴキブリ」と書くのもいやだそうで、
文中には頭文字「G」として
登場する。

彼女にとって
G=ゴキブリだが、

私にとっては
G=ゲジゲジだ。

そう、うちには
ゲジゲジが出没する。

うちを建ててくれた
工務店の営業さんは
「ログにはよく出るんですよ~」と
あっさりかわした(逃?)

特別に害はないそうだが
見た目が気持ち悪い。
いわゆる不快害虫だ。

しかも一般的に
超・足が速いので
なおさら気持ち悪い。

ところが、うちに出る一族?は
最近油断してるのか、
甘く見てるのか、
私と遭遇しても昔のように
駆けださなくなった。

だから、
「ぎゃ~!出た~~」と叫んで、
物置に掃除機を取りに行き、
コードを伸ばして、
コンセントを入れて、
スイッチを「強」にするまで
ほとんど動かずに止まってくれている。

はい、そのまま吸引。

ついでに周辺を掃除して、
何もなかったように静かになる。

という対処法を覚えたが、
でもやっぱり、
室内では遭遇したくないもの。

住みつかなくなる方法は
ないのかしら?

| | コメント (0)

2012.04.15

イヤなことは

そうそう、これを書かなきゃ、
と思っていて忘れてた。

=====

昨年12月の
メンタルの断捨離セミナーで
一緒だった方のお話。

(その方は車通勤なので)
その日職場であった
イヤなことは、
駐車場に捨てて帰るそうだ。

「だから、駐車場のおじさんは
『なんかいつもヘンなものが
落ちてるな?』って思ってるかも」

いいこと聞いた♪

「断捨離」とは直接
関係ないかもしれないけど、
「ごきげん」を保つためには
きっと有効だ。

私もJRの駅に捨てて帰ろうっと。

「もえるゴミ」でいいかな(笑)

| | コメント (2)

2012.04.14

遅いよ…(泣)

先日の記事にも書いたとおり、
私はツイッターもフェイスブックも
やっていない。

日ごろ読んでいるブログの作者さんが
ツイッターに走ってしまい、
あまり更新されなくなった
時期があったり、

行ってみたいイベント、
「詳細はFBで!」とか書いてあって
さびしかったり。

情報格差を実感するのだが、
特別に意思をもって
「やってない」わけではなく、
今使っているVistaが
重くて動きが悪いのだ。

たとえば

PC起動⇒メールチェック⇒
千里の森チェック⇒
ココログにログイン⇒
ブログ記事作成⇒アップ

という作業をするとしよう。

この「⇒」のところですごく待つ。

最初の「⇒」で15分くらいかかったりするし、
機嫌が悪いとすぐタイトルバーに
(応答なし)が出てきたりする。

女王様かpcキミは。

だから、テレビをみたり
洗濯物をたたんだり、
別のことをやりながらの
作業になってしまう。
時間ばかりかかって、
結局あまり作業が進まない。

これでツイッターや
フェイスブックを始めたとしても
ろくにチェックできないだろう、
というわけだ。

買い替えの時期なのかも。

でも仕事の資料を作るには、
あまり困っていないし。

夫がタブレット欲しそうだったので
それに便乗して、
ネットはタブレットで見るようにするか?

ケータイの料金プランをかえて
ネットに活用すればいいのか?

と、いろいろ悩む今日この頃だ。

| | コメント (2)

2012.04.13

名前の不思議

最近新潟では、
夕方「相棒」の再放送がある。

小料理屋「花の里」の
たまきさん役が
「高樹沙耶」さんだったころのものだ。

だから、ドラマの最後に
キャストの字幕が出る時、
当然だが「高樹沙耶」と
表示されている。

ところが、新聞の
テレビ欄を見ると
「益戸育江」となっている。

確かに現在は
「高樹沙耶」とは名乗っておらず、
本名の益戸さんになっている。

でも当時は「高樹沙耶」として
出演していたのだから、
新聞のテレビ欄も
そのままの表記で
いいような気がするのだが…。

益戸さんに限らず、
名前が変わった場合は
みんなこうしているみたいだ。

金八先生の再放送でも
テレビ欄は「三原じゅん子」
だったりした。
(放送当時は「三原順子」)

テレビ欄を作る方々も
きっとこんな時に困って、
こういうルールを
作ったのだろうな、と思う。

でもやっぱり、
なんだか不思議だ。

| | コメント (2)

2012.04.12

二度目の…

で、今回もまた
「今ごろすみません」という
話なんですが。

=====

しばらく止まっていた
千里の森」が
やっと更新(ホッ)。

ログイン情報を忘れてたって。

もうすっかりツイッターに
走ってしまって、
ブログは見捨てたかと
思ってしまったわよ。

人騒がせな~~

=====

さて、センちゃんは
卒業リサイタルを無事終え、
5月に、晴れて2度目の
大学卒業となったそうだ。

そして5月21日、
ジャズピアニストとしての
デビューアルバム
「Boys Mature Slow」の
発売が決定!

そう、5月21日。

それは、
かつて日本で
彼がシンガーとして
デビューした日。

2度目のデビューだ。

ところでそのアルバム、
日本でも買えますよね?
wakuwaku(古coldsweats01

=====

それにしても、この情報
センちゃんのツイッターでは
すでに2月末に流れていた。

ツイッターもfacebookも
やっていない私、
アルバム発売らしいとは
風のうわさで聞いていたが、
タイトルを正式に知ったのは
この千森の記事(4月8日付)が最初。

こうやってどんどん
情報格差が生まれるのねweep

| | コメント (4)

2012.04.11

アマリリス2

先日咲いたアマリリス

(4月8日の記事と同じ写真です)

Amaryllis

東西(仮)の2方向に咲いていましたが

しばらくしたら

Amaryllis3

東西南北の4方向に咲きました

どこから見ても可愛いheart01

| | コメント (2)

2012.04.10

庭先にて(いろおに)

さぁ今年も
草取りがはじまった

昨日は
上着もいらないほど
暖かかった
でも強風なので
少しだけ作業した

飛んできた枯れ葉や
ごみをひろい

顔を出したスギナを
引っこ抜かずに
地表でちぎる

(春一番に出たスギナを
短く切ってやると
その後はあまり
伸びなくなる、と
ある本で読んだので
試してみた)

そういうスギナや枯れ葉を
ゴミ袋代わりの
スーパーのレジ袋に
入れつつ作業していると

小学生の女の子が
家の前の路地を駆けてきて

いきなり私のレジ袋に
さわった!

「えええぇぇ、何?!」
と思ったら…

「いろおに」だった

鬼が何か色を指定して、
他の人はその色のものに触れる
その色が見つからなければ
鬼につかまってしまう

その時の色は「赤」で

スーパーのロゴは赤だった

「いろおにだったのか~」
大笑いしてしまった

はるか昔、私が
東京の小学生の時にも
遊んだあそび、
この新潟でも
現代の子どもたちが
遊んでいる

女の子は
「ありがとうございました!」
と駆けていった

| | コメント (4)

2012.04.09

ミッチー×クローン2(今ごろ、相棒ten)

今さらですが。

相棒tenが最終回を迎え、
ミッチー演じる
神戸尊警部補が卒業…weep

でも、初代相棒の寺脇さんのように
海外に渡ったという設定ではなく、
警察も辞めてないので、
相棒11が始まるとしたら、
ちょこっとでも出てきたりすると
嬉しいんだけど。

今クールは、なんだかやたらに
昔出てきた人が再登場して、
鈴木杏樹なんて「花の里」
継いじゃったからね。

ま、でも
ミッチーに関して
そんなことは
しないんでしょうね。

事前の噂では、
最終回のストーリー、
「神戸が杉下警部を裏切り、
杉下が激怒して左遷させる」
みたいな話があり、
ちょっとイヤだったんですが、
実際見てみると、
そんなことはなく、一安心でした。

ところで、
最終回のキーワードは
「クローン人間」。

それを聞いて、
「おお~!」と思った
ミッチーファンも
多かったでしょう。

そう、ミッチーは以前
クローン人間を演じたことがある

もちろん、今回
ミッチーがクローンに
なるわけではないが、
(たぶん)偶然とはいえ
不思議な縁を感じた
ミッチーファンは
私だけではないはず。

=====

ここまで書いたところで、
新しい相棒が
成宮寛貴さんに決まった
という情報をGET!

これもまた楽しみですね。

| | コメント (3)

2012.04.08

アマリリス

お正月に実家からもらってきた
アマリリスが咲いた。

Amaryllis

Amaryllis2

すでに球根が
ポットに入っているので、
水をやり、
日当たりがよく暖かいところに
置いておくと、伸びてきて開花する。

…と説明書に書いてあるが、
ここは寒い新潟snow
おひさまもあまり出ないし、
室内で暖房を入れていても
「ぽかぽか」とは言えず、
2月までは、水をやっていても
あまり伸びなかった。

ところが3月に入ると
ぐんぐん伸び始めて
50センチくらいになり
(ちょっと伸びすぎな気がsweat02)、
つぼみをつけ、
無事に今月開花した。

=====

このポットアマリリス、
実家では毎年購入している。

私は初め勘違いしていて、
箱から出せば光にあたり、
何もしなくても伸びてきて
花を咲かせるのだと思っていた。

で、当時家で療養していた父に
「この花は水をやらなくても
咲くんだって」と言ってしまった。

父はその頃、
食事も水分も口から摂れず、
中心静脈注射
(点滴の大きいようなもの)のみで
栄養を補給していたので
「そうなのかshine
と、少し嬉しそうな顔をした。

私が勘違いに気づいたのは
父が亡くなった後だった。

…ごめんなさいおとうさん。

まちがってました…。

もうすぐ父の十七回忌だ。

|

2012.04.05

心おぼえ(今ごろ、世界フィギュア)

●今朝、なんだか外が白い…と思ったら

雪でしたsnow

まだ降るか…

すぐ消えたけどね。

=====

…というわけで、
不安定なお天気。

昨日は強風で、
市内では電柱がなぎ倒された
ところもありました。
会社の近くではビル風もあり、
この私でさえcoldsweats01
飛ばされるかと思いましたtyphoon

みなさんの地域もそれぞれ、
大変だったかと思います。

●で、いまさらですが
先日終わった
フィギュアスケートの世界選手権。

ペア、男子、女子と
日本選手が大活躍した。

銅メダルの羽生結弦選手は
仙台出身。

去年の震災で、練習場にしていた
スケートリンクが使えなくなり、
各地を転々としながら
練習を続けていた。

震災直後は、
避難所に身を寄せていたそうだ。

スケートは続けられないかも、と
考えた時もあったという。

そんなこの1年間の経験や、
ふるさとでもある、被災地への思いが
あふれていた演技だった。

阿部コーチも涙ぐんでいた。

すごく頑張った羽生くんだったし、
彼にとって力になる経験だっただろう。

でも私は、
ちょっとだけ思ったことがある。

もしも、この国が、
国をあげて、世界で戦える
スポーツ選手を育てたり、
支援するような国だったら、

羽生くんが被災した時、
すぐに代わりの練習場を
探してもらえたのではないか…。

スケートができないかも、
などという心配は
しなくてすんだのではないか…。

=====

まぁ、「たら」「れば」は
言ってもしかたない言葉なので
聞き流してください。

「タラは北海道だけ!」

↑これを知っているのは
プロ野球の古いファンの人ですねsmile

●フィギュアスケート、
最近コーチを見るのも
楽しくなった
(邪道?)

小塚くんの背中を
ぽーんと押す
佐藤信夫コーチとか、

その奥様で
にこやかな笑顔が素敵な
久美子コーチとか。

そのお嬢さんで、
今アメリカ在住の
佐藤有香コーチ、
自信があり(そうに見える)、
きれいだなぁ…と
見とれてしまう。

モロゾフコーチが
熱く叫んでる姿とか。

名前忘れたけど、
丹下段平みたいな!
(注:イメージです)
コーチも
どこかの国にいた。

今月行われる国別対抗戦、
小塚くんも出るそうだし、
いろいろ楽しみだ。

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »