« 旅の友 | トップページ | 本気で。 »

2011.12.12

シャケくま(メンタル断捨離)

さて、「相棒」パンを食べながら
上京した私
は東京の実家に泊まり、
その翌日、川畑のぶこさんの
「メンタルの断捨離セミナー」に
参加した。

断捨離というと、「片付け術」や
「捨てるヤツでしょ?」と
よく言われているが、
「モノ」と向き合い、
今の自分にとっての
要・不要を判断する中で
「…あら、私って実は
こんなことを考えていたんだ!」と
気づくのが結構面白い。

(たとえば私は
「いい人だと思われたい」
カップ&ソーサーはまだ手放せない。
カモミールの種はまいたけど)

そんなことなどもあって
今回参加したわけだ。

参加して得た気づきは
また思いつくままに
記事にしていきましょう。

===

ところでタイトルの「シャケくま」。

クマが鮭をくわえている、
あの有名な木彫りの置物。

おみやげの代名詞でもあり、
「家に合わないけど
せっかくいただいたので
処分しようか困っている」
というモノの例えにも
よく使われていますね。

セミナーにも、この話が登場し、
「シャケくま」というネーミングに
大いにうけた私だった。

===

セミナー後、
安比高原での断捨離合宿で
ご一緒だった方々と
同窓会(という名の飲み会coldsweats01)で
楽しく過ごし、帰りに実家の沿線の
私鉄に乗り換えたところ、
すぐ前にいた女性のバッグに、

なんと、

シャケくまのキーホルダーがsign03

あまりのシンクロに
思わず酔いもさめ(←それはウソ)、
降りるまでじーっと凝視eye

彼女はカジュアルな服装で、
派手ではないけれど
シンプルでセンスのいい感じで、
シャケくまも、ごく自然に
斜めがけの帆布のバッグに
ぶら下がっていて、
全然違和感がない。

おみやげかもしれないけど
「頂いたから仕方なく」という
オーラは感じられなかった。

幸せなシャケくま。

===

そういえば、通りすがりの人や、
同じ電車やバスに乗っていた人の
キーホルダーやストラップ、
いかにも「頂き物です」という
感じがすることがある。

知らない人なんだけど。

きっとその人(の雰囲気)に
合っていないのだろうが、
赤の他人の私にまで
そんなことを感じさせるなんて、

モノとヒトとの関係って何だろう??

|

« 旅の友 | トップページ | 本気で。 »

コメント

kaoさ〜ん、
メンタルの断捨離セミナーでもお世話になりました〜
あの後、シャケくまに遭遇したなんて!
しかも幸せなほうのねっ♪
とっても楽しかったので、
また同窓会(という名の飲み会)をしましょうね〜

投稿: まめ | 2011.12.14 15:26

★まめさん
いらっしゃいませ!
安比に続き、お世話になりました。
あの日のシャケくまは、なんか格好よくて
「北海道行ったら買おう」と思うほどでした(笑)
ぜひまた同窓会beerしましょう!
まめさんのブログにも遊びに行きますね~

投稿: kao | 2011.12.14 17:51

もらって困ってしまう頂き物。シャケくまは、ホント、いい例ですね~。
私は、シャケくまをもらったことはないけれど、もらったら、やっぱり困ってしまうかも…sweat02
頂き物でも、気に入って大切に使っているものって、けっこうあります。
特に、あげる相手を思いながら選んでくれたものは、伝わってくるものがあるから、自然と愛着もわいてきますpresentheart04
kao さんが出会ったシャケくまの彼女も、もしかしたら、そうなのかな、なんて、思ってしまいますconfident

投稿: lavi | 2012.02.03 12:10

★laviさん
本当、贈り物ってなにも言わないのに伝わりますよね~。
「何をあげようか…困ったなぁ」って思いを
感じることもあったりしてcoldsweats01
でも、laviさんがいただいたプレゼントのように、
気にいって使ってもらえるモノたちは
とてもハッピーheart


シャケくまの彼女、彼氏と遠距離恋愛中で、
彼氏は北海道で自然に関わる仕事をしている…
たまに会ったときに「これやるよ」って渡された、
な~んてストーリーを思いつきましたfish

投稿: kao | 2012.02.04 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅の友 | トップページ | 本気で。 »