« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

避難勧告

木曜日から、土曜日の昼ごろまで
大雨だった。

JRに運休や遅れがあったそうで
木、金は車で出勤したが、
降りがひどくなると、
あたりが真っ白になる。
ライトをつけていないと危ない
(他の車から見えづらくなる)。

もっとひどい降りになると、
視界が悪くなるので、
時速40キロくらいが精一杯だ。
怖くてスピードが出せない。

渋滞もあり、普段車を使う時の
倍ちかくの時間がかかった。

木曜日の朝は
始業時間ぎりぎりになったが、
私の大変さはその程度で、
家も家族も無事だった。

同じ区内には、
橋が冠水して通行止めになったり、
河川敷のビニールハウスが水浸しになるなど
大きな被害を受けた地域もある。

そのためか、土曜日の早朝、
区内全域に避難勧告が出ていた。

しかし、その避難勧告・・・

・・・知らなかった。

出たのは4時台だが、
9時少し前になってやっと
避難勧告が出たとわかった時は
ちょっとあせった。

なにしろ、
自分の住んでいるところに
「避難勧告」なんていうものが出たのは
初めてのことだ。

そもそも、避難勧告や避難指示は
どうやって知るのだろうか?

避難指示だと、
広報車が来てくれるかもしれないが、
7年前の水害では、雨音がすごくて
アナウンスが聞こえなかった、という
事例がある。

「県や市のHPに載ってるだろう」と
夫に言われて、確認してみたら
やはり載っていた。

しかし、私が今使っているVistaは
年季が入っていて
起動にすーーっっっごく時間がかかるし、
起動したと思ったら固まったりするので、
万一の時にそんなだと、
逃げ遅れたりするかもしれない。

市のHPに、
防災情報を携帯にメールで
知らせてくれるサービスがあったので、
早速登録した。

その後の、避難勧告解除の時、
お知らせメールが来たので一安心。

しかし、いまごろになって
「避難勧告はどうすればわかる?」なんて
あわてているなんて、甘いよね。

中越地震、中越沖地震、
7年前の新潟・福島豪雨
(県内では一般的に「7.13水害」という)、
東日本大震災もあって、
防災のことは考えていたつもりだけど、
まだまだ足りないっていうことだ。

| | コメント (2)

2011.07.28

心おぼえ(7月28日)

●「証拠隠蔽」も問題だが、
「土に還らないもの」を埋めるということが
私には信じられない。

●ミッチー結婚heart04

相手が檀れいさんと聞き、
全国のミッチー&相棒ファンのみんなは

「なるほどね…」と納得したにちがいない。

去年のお正月2時間SP、
あの時が出会いだったのね。

今朝出勤の車の中で聞いた、
FM Port(新潟のFM)でも
話題になっていた。

リスナーから「おめでとうbell」とか
「ちょっとショックweep」など
結構メールがきたとか。
新潟ってミッチーファン多いらしい。

そうか、仲間いるのね。

ま、持ち歌を1曲も知らないのは
私ぐらいでしょうけど…coldsweats01


そして思う、
この暑い夏が過ぎれば秋、
また相棒始まるかな~

●ところで普段はJR通勤なのだが、
今日は大雨で、Iモード情報では
運休や遅延もあるようだったので
車で出かけた。

午後過ぎまで大雨。

最近の「大雨」って昔とは違う気がする。
まさに「バケツをひっくり返した」というたとえが
ぴったりするような大雨だ。

今日もそんなのが何時間も続いていた。

これも温暖化に関係しているんだろうか。
なんとなく心配になる。

| | コメント (2)

2011.07.21

いい人?(断捨離@安比)

断捨離合宿@安比で、
やました先生の講義を聞き、
いろいろなものについて
「なぜ捨てられないか」と考えていくうちに
気づいたことがあった。

私は「悪い人」だと思われたくないようだ。

たとえば、
捨てられなくて困っているもののひとつに、
会社の永年勤続表彰でいただいた
カップ&ソーサー5客セットがある。

うちは2人暮らしだし、お客様も少ないし。
カップのデザインも、特に心ひかれるものではないし。

よし、オフ○ウス行きだ!と思って
何気なくカップ&ソーサーの裏を見たら、

なんと社名がくっきりと…shock

そんなのを地元のオフハ○スに売って、
商品として並んだ日には、
誰が売ったのかすぐバレてしまうだろう。

バレることを恐れてるっていうのは、
「せっかくのありがたい品物を
売り飛ばした悪い社員」と思われるのが
いやなわけだ、私は…。

そんなことに、改めて気づかされた。

とはいえ、
すぐにいい人をやめるわけにいかず(笑)
小心者だし(笑)
オフhouseにも持っていけず、処分もできずにいる。

誰かカフェでもオープンして、
使ってくれないかしらcafe

いや、カフェをオープンするなら、
カップはリサイクルではなく、
お気に入りのを使いたいよね。

わかってるんだけど~~

Herbtea

写真は、カフェつながり?(強引)
安比で主催者様の奥様が
つんできてくださったミントとカモミール。
みんなでランチ後のティータイムを
楽しんだのでした。

効能も書いてきてくださったのに、
ケータイカメラなのでよく見えません(泣)

うちもミント育成中だし、
秋になったらカモミールの種をまこうと
思ってしまいました(単純)。

| | コメント (2)

2011.07.15

懐かしの

暑いですねsun

暑いので窓を開けていると、
鳥のさえずりだけでなく、
ご近所の家族の声なども
つい聞こえてしまう今日この頃。

最近、近所の女の子が
「大きなかぶ」を暗誦しているのが
よく聞こえます。

「うんとこしょ、どっこいしょ。
それでもかぶはぬけません」

…思い出しますね、
センちゃんの朗読CD…(遠い目)

そういえば先日、新聞に
美和子さんが出ていました。

そう、
以前センちゃんのバックコーラス隊
「フレッシュ・シスターズ」だった
あの濱田美和子さんです。

今話題の「マルマルモリモリ」の
ダンスの振り付けが
美和子さんだそうで。

「マルモのおきて」って
すごく好評だったので、
「最終回だけ見る」という
おきて破りの荒技(笑)を
やろうと思っていたのに

うっかりしてたら
見逃してしまったわ。

| | コメント (2)

2011.07.11

捨てる、だけではなく

さて、会社で興味津々のみんなに
断捨離の話をしていたのだが、
「不要なものを手放す」という時に

「捨てるのではなく、リサイクルとか
人にあげてもいいんでしょ?」と聞かれた。

「断捨離」というネーミングから、
どうしても「捨てる」イメージが強いようで、
手放す=捨てなきゃいけない?
と思う人も多いらしい。

もちろん、他の人に使っていただいたり、
リサイクルショップ行きというのもありだ。

でも、そういう道がなくて困るものがある。

前記事に書いた手編みのセーターなんかも
そうだが。

Hibinot

これは数年前にユニクロで買った
日比野克彦さんデザインのTシャツ。

実は日比野ファンの私、
バーゲンの時に即飛びついたが、
ぴったりするデザインで・・・
オーバー40には難しかった(泣)

じゃ、ダンガリーシャツの下にでも
着ようかと思ったけど、
シャツの下じゃ
「HIBINO」の文字が見えないし。

結局着ていなかった。

そんなある日、
「捨てない生活」という本を
図書館でみつけた。

これは、家にあるものを再利用して
新しいものを買わずに作る話。

この本を参考に、
日比野Tシャツからクッションを作ってみた。

ちょうど、処分候補だった100円クッションが
シャツの横幅とぴったりなので、
それを解体して…。

Hibinoc

ま、素人の針仕事ですので。
あまりチェックはいれないように(笑)

どうしても捨てられないものは、
こうやってリメイクしてみたりすると、
とことんつきあっている感じがして、
もし失敗しても、結局使わなくなっても
自分の中で気が済むのではないかな?

と最近思う。

| | コメント (2)

2011.07.07

心おぼえ~服編(断捨離@安比)

●旅(断捨離合宿@安比)から帰って
はや2週間になろうというのに、
なんだか余裕がなくて、
ブログはなかなか更新できないし、
なにより自宅の断捨離が進まない(汗)

毎月初めに、グループで行う仕事があり、
お菓子を持ち寄るのだが、
今回盛岡駅で買った南部せんべいを持参した。
「実は断捨離合宿に行ってきた」と言ったら
みんな興味津津!

翌日、
「kaoさん、さっそく服とか捨てましたよ」
「読まない本をまとめました。今週の古紙回収に出します」
と、次々と報告が。

みんなのほうが先に進んでしまった~shock

●服というのも結構処分に悩むものだが、

基本「今の私」を基準にする。

「高かったから」という過去や
「いつか着るかもしれない」という未来ではなく、
「まだ着られる」と「服を主体にして考える」のでもなく、
「今の私」が着るのか、着たいのか。

(注:喪服は残しておきますよ)

●処分するかどうかの判断。

「この服、どうしよう…」と迷ったら、
それを着て街に出てみる。
「なんか恥ずかしい、早く帰らなきゃsweat01」と思ったら
その服はもうお役御免ということ。

↑これは安比で皆さんと話していて
出てきた判断方法です。

●手編みのセーターは
リメイクしてバッグにしてみたりした

…あ、そういえば、
バッグの内袋にした布のハギレ、
まだとってあるんだった…

うっかりしていると
モノはどんどん増えるcoldsweats01

| | コメント (2)

2011.07.02

ブナ林散策(断捨離@安比)

旅から帰って、はや1週間。
忘れないうちに書きとめなければ…と思いながら
雑事に追われてできませんでした(反省)。

今回の旅、実は
「断捨離合宿@安比高原」。

今注目の「断捨離」。
私が説明するまでもないと思いますが、
「何それ」っていう人は、各自で検索するか
やました先生の本を読んでください(逃)

いろいろと思うこと、気づくことがあり、
記事にしていきたいと思いますが、
まずは最終日早朝のブナ林散策から~

(いきなり最終日かいsweat01

この合宿、断捨離の講座だけでなく、
安比の自然を感じられるオプションが
多々ありました。

その1つがこの散策。
自然学校のガイドさんに率いられて出発~

Kanban

入口の看板。

Kanban2

何気にクマの爪痕がっcoldsweats02

06251

見上げてみる。

06252

何となく白っぽいのは、冬季の間
雪に埋もれていたから。

Oisii

林の中でも、この木は結構
おいしい実がなるらしい。なぜなら…

Oisii2

クマが登った足跡がsign01

この裏側にもたくさんありました。
グルメ情報はクマたちの間でも
伝わっている様子ですね。

| | コメント (4)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »