« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.27

あのころは

今日、かくれて煙草を吸っている少年を見かけた。
たぶん高校生だ。

「高校生、タバコだめじゃん!」と言いたいが、
逆ギレされたら怖いので言えない。

こんな時、
たとえば和田アキ子になりたい、と思う。
北斗晶とかでもいい。

つまり、逆ギレされても立ち向かうことができて、
勝って帰れるような強い人間だったら言えるのに。

本当は、彼だって話せばわかるヤツかもしれない。
でも「逆ギレされたら」という思いのほうが強いし、
立ち向かっていったとしても
その勇気をたたえる人なんかこの世にはいなくて、
「見ないふりしてればいいのに」と言われるのが
オチではないか。

和田アキ子という鎧を借りなきゃ、
そんなことも言えないなんて、
オトナのくせに、覚悟も根性もないってわけだ。

ちょっと似てるけど、

電車の中で携帯で話している人
(全然緊急の通話ではない)を見かけたとき。

あたしが宇宙人で、
妨害する怪電波が出せればいいのに、と思う。

車内の携帯通話については、
結構はっきり注意する人が多いけど、
やっぱりトラブルに発展するケースもあるので
私はひそかに通じなくしてあげたい。

でも、宇宙人という鎧を借りなきゃ
そんなことも言えないなんて・・・

(以下略)

| | コメント (0)

2010.05.12

心おぼえ(5月12日)

●昨日の記事で「また書いてみようかな」と言っていたが、

(あらすじ:無線LANの不具合で消滅してしまった記事。
書く気が失せてしまったが、また気を取り直して
書いてみようかな、と思った)

考えてみれば、消えてしまうっていうのも運命かもしれない。

その記事は、発表されなくてもよかったのかもしれない。

そう思ったら、「やっぱりやめとこう~」

●そうなんだ。やっぱりやめとこう。

たかだか

「カーリーこと假屋崎省吾さんが
私と同じ小学校だった」というだけのネタだ。

書かなくたってどうってことない。

↑って書いてるじゃん。

●ところで、5月の連休も過ぎたのに
また寒くなってますね。

「明日も寒いでしょう。温かくしてお過ごしください」

そんな優しいアナウンスをする天気予報のBGMが
山下達郎の「踊ろよフィッシュ」だったwave

5月という時期に合わせたのだろうが、
山下達郎、どうしても半袖シャツや
水着や海辺を思い出してしまう。

寒さ倍増なので今日はやめて~~shock

●寒いといえば、

「寒くて震えているわけではありません」

↑渡辺謙が「携帯電話」だという新しいCMのセリフ。
けっこうおもしろい。

木村カエラが携帯だというバージョンも
そのうち放送されるらしい。

私の携帯は、擬人化するとしたら誰かなぁ?

やっぱゴローちゃんかしら?
それともミッチーかな?

と、即答してしまう・・・

相変わらず大江千里ファンの
風上にもおけない私。

| | コメント (4)

2010.05.10

やっぱりぃ~

昨日記事を書いてて、気がついたら
インターネットのアイコンが青い球じゃなくて
黄色い「!」マークになってて。
(↑すみません、見たまま言ってます)

無線LANなので、時々不安定になってしまうのだ。

あわてて保存ボタンをクリックしたが、
やっぱり書いてたものは消滅してしまったsad

こうなってしまうと、書きなおす気が失せてしまう。

せっかく衝撃の告白だったのに!(←えーっ何それ(笑))

意外な展開、目が離せない!(←ウソウソ)

kaoにあんな過去があったなんて!!(←ってどんなだよ)

↑とか言ってみたら、

なんか面白くなって、
また書いてみようかな、ってちょっと思った(←単純)

じゃ、気が向いたら書きましょ(^^)/~~~

| | コメント (2)

2010.05.04

心おぼえ(5月)

●大変ごぶさたしてすみません。

●さて、ゴールデンウィーク、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は5月1日~4日まで仕事があり、
やっと明日休みです♪

って連休にならないじゃんshock

●ここ2、3日でようやく暖かさを
感じるようになった気がする新潟ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

まったくいつまでも寒くてねえ。

おかげで、久しぶりに風邪をひきました。
○○は風邪をひかない、というとおり
ここ数年は風邪をひかず、
家人がインフルエンザになっても感染しなかったのに、
数十年ぶりに38度の熱が出てあわてました。

それでも、食欲だけは衰えないのが
情けないというか(笑)

●ということで、まだ、いまいち本調子ではないし、
週末には飲み会も控えているので、
明日は安静ですねsleepy

じゃ「八日目の蝉」見たら寝ますねsleepy

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »