« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.28

心おぼえ(5月28日)

●テレビでちょっとだけ聞いた
橋幸夫の「メキシカンロック」が頭から離れない・・・
そんな今日この頃。
ごぶさたしています、kaoです。

心おぼえ、スタートです。

●今、某ボラ関係で県庁の人とよくメールしている。
もちろん真面目なやりとりだ。

でも時々、無性に

「お疲れサマンサ」

なんて書きたくなるのはなぜだろう。

とっても困るだろうから(そういう人だ)、
書かないけど。

●人の名前を覚えるとき、何かに関連付けたりしますね。

某仕事先の人が「カワチさん」なので、
中村美津子の「河内おとこ節」と覚えることにした。

そしたらその人の顔を見るたびに頭の中で

♪かわ~ち~~~~~~ぶ~~し~~

と中村美津子が歌いだしてしまうので困る。

●カラスがカー、カーと鳴いている。
よくある風景だ。

が、先日近所で

「カッカッカッカッカッ」

と、まるで黄門様の笑い?のような
鳴き声を聞いた。
本当に人の笑い声みたいだった。

その後、そいつの声は聞いていないが・・・。

どこかで時代劇でも見て覚えたんだろうか。

そんなことを言うと、

「カラスの勝手でしょ」って返ってきますね(笑)

| | コメント (0)

2009.05.15

普段は気をつけてるんだけど

先日「ヨドバジガメラ」というところから
「商品のお届けについて」みたいなメールがきた。

何か買ったっけ?と思ったが
よく見たら「ガメラ」だ。
きっと迷惑メールなので読まずに捨てた。

たいていの迷惑メールは知らない外国の人が差出人で、
件名が英語とか文字化けなので、どう考えても
私宛てではないからすぐわかる。

だが、時々知人と同じ差出人名だったりしてあせる。

こないだも「momoko」(仮名)という差出人名のがあり、
某ボラの連絡かと思ったが、件名が英語だったので捨てた。

迷惑メールを送るほうは、適当な名前で出しているんだろうけど。
一瞬どきっとしますね。

さて、そんなことがあるたびに、思い出すことがある。

それは10年以上も前、実家の父が入院中だった時のこと。
病状はあまりよくない。仕事も辞めることになった。

ある夕方、ドアのチャイムが鳴った。

「フジタです」

モニターを見ると、暗くてよくわからなかったが
大柄なおじさんだ。
もしかすると、以前父と一緒に働いていた
フジタさんかもしれない。
入院のことを聞きつけて、来てくれたのだろうか。

あわてて玄関に出て応対したら、なんだか様子が違う。

その人は、新聞の勧誘だった。

勧誘の電話などでよくあるパターンで、
「○○新聞です」などというとすぐ断られるから、
わざと個人名を名乗るのだ。

むかついた。

もちろん、そういうセコイ勧誘の仕方をする
フジタさんに対してムカツクのだが、
普段なら気をつけて警戒するはずなのに、
うかつだった自分に対しても腹がたった。

そして、家族に病人がいるというのは、

心配事が増えるので、よけいなことを考えてしまい
(勝手に父の元同僚のフジタさんかと思ってしまったり)
いつも気をつけるところがおろそかになるような
ほころびが出てきたりするものなのだ。

きっと。

【追記】5月17日
一部追記しました。

| | コメント (2)

2009.05.03

庭先にて(for you)

庭でみつけたよ

がんばっているみなさんへpresent for youclover

Clover0904

| | コメント (6)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »