« 心おぼえ(4月5日) | トップページ | 腕時計 »

2009.04.12

ミッチー×クローン

ミッチー(及川光博さん)の話は一度書きたいと思っていた。

もちろん以前からミッチー自体は知っている。
でも、気になってきたのはここ数年だと思う。
はっきり「この人、もしやすごいのでは?」と思ったのは
宮藤官九郎脚本の「吾輩は主婦である」というドラマだ。

斉藤由貴が主婦なのだが、夏目漱石が乗り移り
小説家になるというストーリーで、ミッチーはその夫の
郵便局員の役だった。

郵便局員で、緑色の制服で自転車とか似合ってるのに
存在感がミッチーだったのだ。
その場でターンして「kaoベイベーheart02」とか言ってくれそうなのだ。

映画「明日の記憶」の医師、ドラマ「白い巨塔」の弁護士など
エリート役をよくみかけたが、それもまたきちんとこなしているけど
…やっぱりミッチー感を残しているのだった。

驚いたのは映画「日本沈没」だ。
主人公のクサナギくんの同僚役がミッチーなのだが、
不精ひげをはやしていた。

あのミッチーが不精ひげだ。
ミッチー史上まれにみる姿ではないだろうか。
そのため、比較的民間人に近いミッチーだった。

さて、そんなミッチーが意外にも映画初主演だという。

クローンは故郷をめざす
昨日から新潟の「シネ・ウインド」で上映が始まった。

ミッチーがクローンの役だという。いかにもありそうではないか。
ちょっと見に行かなきゃ。

↑というと、すっかりミッチーのファンのように見えるが、

また私は例によって、不届きなファンなのだ。

それは・・・・

ミッチーの歌、1曲も知らないから・・・(逃)

|

« 心おぼえ(4月5日) | トップページ | 腕時計 »

コメント

最後のオチが、なんとも言えず、ナイスです。
そーか、kaoさんは、ミッチーファンだったのかぁ。
と、今更ながら、気が付いた私です。遅すぎcoldsweats01

でも、改めて思うと、いい役をやってたんですね。
今度は、少し気にしながら、観ることにしてみまーす。

投稿: lavi | 2009.04.14 22:08

★laviさん
私もファンだなんて知りませんでした(笑)
なんか、気づいたらクローンの前売券とか買ってるし、
「これってもしかしてファン?」って感じ。
でも本当に歌は全然知らない、ってところが
自分でも笑えますね。

投稿: kao | 2009.04.15 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心おぼえ(4月5日) | トップページ | 腕時計 »