« 心おぼえ(北京オリンピック)その2 | トップページ | 心おぼえ(北京オリンピック)最終回 »

2008.08.22

心おぼえ(北京オリンピック)その3

●ソフトボールの上野投手、よく投げた!がんばりました!!
解説の宇津木さんと一緒に「やったー」とか叫んでいた私。

でも2日で3試合はちょっと厳しいんじゃないの?
選手の体をもう少し考慮してほしいなぁ…と思っていたが、
今日、某テレビで上野投手のインタビューを紹介していて、
「3連投は覚悟していて、それに合わせて調整していた」とのこと。
さすがですscissors
備えあれば憂いなし、というか、灯をともして待てよ、ということか。

●そういえば宇津木監督の時は「宇津木ジャパン」とか言わなかったっけ?
「反町ジャパン」「星野ジャパン」とか監督名バージョンと、
「なでしこジャパン」「さくらジャパン」など監督名以外のバージョンがありますね。
新体操は「フェアリージャパン」というそうですね。
全員平成生まれだってさ(-_-;)

●よくテレビなどに出てくるのが、
「○○選手の出身校」とか「所属している会社」などで、
みんなで集まってテレビをプロジェクターに映したりして声援してる姿。
楽しそうなので、一回ぜひ参加してみたいです。
誰かオリンピック出ないかな~

って、そんなに簡単に出られないし…

|

« 心おぼえ(北京オリンピック)その2 | トップページ | 心おぼえ(北京オリンピック)最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心おぼえ(北京オリンピック)その2 | トップページ | 心おぼえ(北京オリンピック)最終回 »