« 傷心の時は | トップページ | 10月27日(土)心おぼえ »

2007.10.22

庭先にて(座右の銘)

虫がつきにくいハーブを選んで植えたのだが、
セージにイモムシやバッタが出現したり、
ローレルに虫食い穴があったりする。

そんな私が座右の銘としているのが、
ある本に載っていた一言。

「おいしいハーブを虫が放っておくはずはありません※」

虫に遭遇するたび、これを思いだしては
「はは〜m(_ _)m
おっしゃる通りです〜」
と、ひれ伏したくなるガーデニング1年生だ。

※出典「初めてのハーブ作り 定番50種」大黒晃監修(世界文化社)

|

« 傷心の時は | トップページ | 10月27日(土)心おぼえ »

コメント

そー言えば、私が育てていたバジルも、たくさん食べられてたっけ。
美味しいんですよね。夏に食べるバジルのサラダって。
来年の夏は(鬼が笑う?)、久々にバジルを育ててみようかな。
って、ずいぶん先の話しですね(^^ゞ

投稿: lavi | 2007.10.22 22:04

★laviさん
いいですねバジル。来年がんばって!
こないだ実家に行ったとき、母がバジルを育てていて、
トマトとバジルのサラダを作ってくれました。おいしかった。
その母は、昔シソを育てていたらイモムシに全滅させられて、
激怒して退治してたっけ。

投稿: kao | 2007.10.23 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 傷心の時は | トップページ | 10月27日(土)心おぼえ »