« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

9月22日の足跡(彼岸花)

さっき前の記事を更新したので、今日はもうおしまい…と思ったけど
「千里の森」を見てたらこんな記事があったのでやっぱり私も。

Higanbana3

でも私のは、一輪だけじゃないのよ。

=====

9月22日は、西武池袋線の高麗(こま)駅の近くの巾着田(きんちゃくだ)で
彼岸花が群生しているのを見に行ってきた。
以前はそれほど宣伝してなかった気がするが、
最近は沿線にポスターが貼られるようになった。
この日も暑かったが、たくさんの人が訪れていた。

Higanbana

Higanbana2

この花はよく墓地に咲いているから縁起が悪い、という人もいるが
この赤い色は一輪だけでも目にとまるし、
こんなに咲き乱れていると、やはり見とれてしまう。

Higanbana4

近くを歩いていた人が友達どうしで、
「ちゃんとお彼岸の時期に咲くのよねぇ」と
話していた。

Higanbanawhite

時々、白い彼岸花も咲いていた。

| | コメント (3)

9月21日の足跡(2)思い出を拾って歩く

午後は目白の「切手の博物館」という所を見に行った。
意外と切手好きの私。
昔から存在は知っていて、一度は行こうと思っていた。
だいたい予想通りな感じ。
でも特別展は次回の「カワイイ切手・たのしい郵便」展のほうが
おもしろそうだった。ちぇっ。

ところで、目白に行くと決めた時、思い出したお店があった。

それは学生時代一度だけ行ったケーキ屋さん。
HPはなかったが、ブログなどを見て回ると
今も営業しているようなので、行ってみることにした。

ある春休み、1か月くらいのバイトで池袋に毎日通った。
DMを封筒に詰める仕事で、私と同じような学生がたくさんいて
わいわいやっていた。
帰りにボーリングに行ったこともあった気がする。

その仕事が終わる時、最後にみんなで遊びに行くことになった。
「ポンジョ」こと日本女子大の子が、
「ポンジョの子はみんな知っている」という
大学で有名なケーキ屋さん「ママタルト」に案内してくれた。

道の途中、目白通りに田中角栄邸があり、
メンバーの一人で新潟出身の子が「写真を撮る」と言い張り
(彼女の家のほうでは角栄さんに頭が上がらないとのことだった。
中越あたりの子だったのかな)
「でも一人で撮るのは恥ずかしいからkaoも一緒に」
と腕を引っ張られ、田中邸の門前で一緒に写真に収まった。

その私が今、新潟在住なのも不思議だ。

田中邸の門は今もあった。

Tanaka

が、「なんだか昔撮った写真とちがう?」と思った。
後で昔の写真を見たらやはり違った。
昔の門はこんな感じ。リンク先の記事によると撤去されたらしい。

昔はガードマンが門前にいたが、やはり今はもういなかった。
敷地が文京区に買い取られ、公園を造成中だそうだ。

田中邸を通り過ぎてしばらく歩き、ママタルトをみつけた。
いちじくとマンゴーのタルトとコーヒー。
素朴な手作りっぽい味がした。

そんなわけで、この日の午後は、思い出を拾って歩いていた。

| | コメント (0)

2007.09.26

9月21日の足跡(1)メキシコ

予定どおり、東京の実家に帰るついでにメキシコに行ってきた。

メキシコ行きチケットの証拠写真(右)↓
左側は、ペルー旅行に行った母からもらったTシャツについていたタグ。
中南米つながり、ってことで(強引)

070921 さて、「ホワイトメキシコ」
この映画館での最終上映だったが、
平日の午前中という時間帯のせいか、
けっこう空いていた。

ど真ん中に座っていたのは私です。

冒頭のシーンはひげがないほうがいいなぁ。
事件前・事件後とか、強盗殺人に走る気持ち、逃亡の疲れが
はっきりするんじゃないかな。

そのほか、理不尽なこととか命のこととか、
あたしなら紙袋にお金はいれないだろうとか、
あのお茶づけはおいしそうだったとかいろいろ思った。

映画館を出て、新潟にないファーストキッチンをみつけたので
懐かしくなってベーコンエッグバーガーとコーヒー。

次の目的地に行くため、六本木駅に向かっていたら、
防衛庁あとにできた「東京ミッドタウン」があったので見学。

しまった、こーいうところの小洒落たカフェでお昼にすればよかった(泣)

| | コメント (3)

2007.09.20

タンタン

タンタンメン、じゃなかった(笑)
タンタンの冒険」が好きなんだって、センちゃんは。

昔からこのマンガを見ると、なんだかセンちゃんに
似てるなーと思ってたんです。
そうか、好きだったのか。
だから似てきたのか、似てるから好きになったのか?

タンタン屋、新潟駅前にあるんだけど
センちゃん知ってるかなー。
(タンタンメン屋ではなく、本当にTINTINショップ)

| | コメント (0)

2007.09.16

戻り夏だけど

最近鬼のように更新されている「千里の森」でも
戻り夏」だと言われている今日この頃。

確かに、気温がいきなり35度近くまで上がり、
もうついていけない~。
またクーラーをつけてしまった。

戻り夏とはよく言ったもの(拍手)。

でも、今朝スーパーに行ったとき、
買い物を終えて駐車場に戻ってきたら、

Tonbo

うちの車のアンテナにとんぼが。
(PHSカメラなのでちょっと見づらいでしょうか)

やっぱり秋も忍び寄っている…

そういう私が買ったもののひとつは栗。
さっそく渋皮煮作りにとりかかったのでした。

| | コメント (4)

2007.09.15

プチ【大江千里への道】

突然ですが来週後半、お彼岸だし、妹一家も来るというので、
実家(東京)に行くことにしました。

調べたら21日が六本木の「ホワイトメキシコ」上映最終日。
こりゃー、見に行くっきゃないっっ!

10時20分の上映めざして出発します。

5時起きです。

映画館で眠ってしまったらゴメンナサイ。

| | コメント (7)

2007.09.12

検定(例題の解答)

大江千里検定(仮)の例題の解答です。
(注:架空の検定ですから。念のため)

(例題)
次の文章の正しいものに○、誤りのものに×をつけなさい。

1.ハワイで納涼千里天国を開催したことはない。⇒答え:×

 手元のDVD「納涼千里天国」によると1996年開催ですね。
 ちなみに今年のハワイツアーも納涼になるのでしょうか?
 私はファンクラブに入っていない不届き者なので詳細がわからないのですが。 

2.大江千里は不動産フェチである。⇒答え:○

 みなさんご存じ「僕の家」も出版されているし⇒Amazonはこちら⇒
 以前カフェグローブで「大江千里のOh my!スウィート不動産」って
 連載してましたね。バックナンバーはこちら

3.デビューの時のキャッチフレーズは糸井重里が作った。⇒答え:×

 林真理子さん作「私の玉子様」です。
 たしか「王子様」の書き間違いだというエピソードがあった気が…。

4.「向こうみずな瞳」でデュエットしているのは大貫妙子である。⇒答え:○

 redmonkey yellowfish に収録されています。
 

5.2007年に公開された主演映画は「ホワイトメキシコ」だが、
1990年に公開されたのは「君は僕をスキになる」である。⇒答え:×

 1990年に公開されたのは島崎和歌子さんと共演した「スキ!」。
 「君は僕をスキになる」は1989年の公開です。
 1年しか違わなかったんですね。
 

=====

検定試験には「テキスト・参考書持ち込み不可」と「持ち込み可」の場合が
あるけど、「不可」だったら年号関係はもう無理だろうなぁ~。
とても暗記なんかできないよ~
でももし「可」だとして、いったい何を持ち込んだらいいんだろう?
CDとか全部?
まさかパソコン持ち込みでインターネット可、というわけにもいかないだろうし…

と、いろいろ考えていると、架空の話なのに心配事はつきないのでした…(笑)

| | コメント (2)

2007.09.09

検定

なんか最近、「検定」はやってますよね。

ちょっと古い話ですが、新潟でも3月頃に「第1回ニイガタ検定」ってありました。
公式テキスト(というかガイドブック)も出版されて。

私は「試験はもう勘弁して」って思ってるのですが(笑)
意外と受験者が多かったようですね。
合格率も87%とか。
今回は初回で3級のみだったので、これから2級、1級があるのかしら。

驚いたのは、職場の中で意外と「テキストを買った」って人が多かったこと。
興味を持つ人は少ないのかと思ったら、そんなことないんですね。
みんな新潟好きなんですね。えらい!

で、当ブログならでは…で思いついてしまったのが

「大江千里検定」(笑)

(例題)
次の文章の正しいものに○、誤りのものに×をつけなさい。

1.ハワイで納涼千里天国を開催したことはない。

2.大江千里は不動産フェチである。

3.デビューの時のキャッチフレーズは糸井重里が作った。

4.「向こうみずな瞳」でデュエットしているのは大貫妙子である。

5.2007年に公開された主演映画は「ホワイトメキシコ」だが、
1990年に公開されたのは「君は僕をスキになる」である。

…なんちゃって。

もし検定があったらよい子のファンのみんなは受けるかなぁ。

「『大江千里2級』合格!やったねー」とか。

っていうか新潟で受験できるんだろうか。

| | コメント (5)

2007.09.06

きょうは何の日

大江千里さん、お誕生日おめでとうございます!

=====

昔ビミョ~な年齢だったころ、
「誕生日がくると年をとるから…」とため息をついたら
友人Y子さまが言った。

「あら、誕生日は自分が主役の日なのよ!!」

そうなんだ!
いくつになっても自分が主役の日。

今日はセンちゃん、どんな主役になっているのでしょうか。

遠い新潟で、関東地方の台風接近も心配しつつ
お祝いしています。

| | コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »