« 秋の音楽(2)ghostnote(大江千里) | トップページ | 秋の音楽(3)流浪の民 »

2006.09.30

いとふゆ。

きょうの話は、ちょっと不思議なヤツだと
思われるかも。でも子どもってそんなもの?

=====

今連載?中の「秋の音楽」。

(1)、(2)・・・と続けているけれど、さて、冬がきて、
連載を終わる時にはどうしようかな?(気が早い)
やっぱ(終)かな?と思った時。

昔のテレビドラマを思い出しました。

昔は、ドラマでも映画でも、必ずといっていいほど、
最後に「終」という文字が出ましたよね。
子どもの頃、あれを「いとふゆ!」と読んでました。

糸へんに冬、ですからね。

いえ、「オワリ」と読むのは知ってたんですよ。
本当です(汗)
でも、ああやってドラマの最後に、
画面の真ん中に一文字だけ出てくると
(しかも字がだんだん大きくなったりする)
なんだか「いとふゆ!」と叫びたくなったのでした。

私だけではなく、弟、妹も「いとふゆ」と
叫んでいたような記憶があるけど。
ま、うち、変なきょうだいですから(笑)
変なきょうだい話、また今度書きますね・・・
(ってまた連載かい)

|

« 秋の音楽(2)ghostnote(大江千里) | トップページ | 秋の音楽(3)流浪の民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の音楽(2)ghostnote(大江千里) | トップページ | 秋の音楽(3)流浪の民 »