« 【続】大江千里への道(3) | トップページ | 天使の歌声 »

2005.10.29

【続】大江千里への道(4)

※10月28日、ジョイア・ミーア(新潟市)での
大江千里ライブの気分を盛り上げるための
個人的不定期連載でしたが、昨日無事ライブが
終了したので、連載も最終回にいたします。

=====

28日、ライブ当日。

まず訂正。

以前「ヒールの靴でオトナの雰囲気で」みたいなことを
書いた記憶があるが、探し物があり、ライブの前にお店を
数軒廻ることにしたため、やっぱりヒールはやめた。
(根性なし(-_-;))

さて、今回のジョイア・ミーアでのライブは2部構成で、
私は第1部に行くことにしていた。
開場(5時半)の少し前に着くと、すでに行列が。
今回はチケットに整理番号が書いてあり、順番に入場だ。
私も自分の番号のところに入れてもらう。

ほぼ時間通りに開場。
入場時に番号札を渡される。抽選でプレゼントがあるそうだ。

前のほうには座れなかったが、ちょうど、人にさえぎられずに
センちゃんが見える位置をゲットできた。

開演までの間、パスタやピザを楽しむ人もいた。
時間が早いので私はまだ「夕食」という気分ではなかった。
メニューを見ると「大江千里オリジナルカクテル」があったので
高かったが注文してみた(ご祝儀だっ!)
「秋唄」という曲にちなんだ、梨の味がするカクテルだ。
スパイシーな梨の感じ。不思議な味だった。

開演。

そ、その帽子は・・・
(これからライブを見る人がいるかもしれないので自粛)
やっぱり「飛んだりはねたりするライブ」感を残しているのか。

私もそうだが、ジャズのライブを見たのは初めて、という人が
多かったのかもしれない。
初めはお客さんの拍手も、温かいが少し硬い?感じがした。
それが解けてきたのが、「カワカミ先生とセンちゃん少年
(と天使マイケル)」のあたり。

(もしこのツアーで、名古屋以前にライブに行った人がいたら
ごめんなさい。この話、名古屋以降に出てきたんだそうです)

この話のあとの「世田谷攻防戦」は、まさに攻防戦だった。
最初、気難しいおじさん(失礼)に見えた河上修氏の
可愛さ(失礼)が光る!

それにしても、河上さんやマイケルさんというジャズのプロと
ともにアルバムを作り、ツアーに出るというのは、ずっと
ポップス畑にいたセンちゃんにとって、かなりの冒険では
なかったかと思う。

なんとなく心配な気もしていたのだが「攻防戦」を見ていると
とても楽しくて、ジャズとセンちゃんの融合が感じられた。

センちゃんの新しい挑戦に拍手。

アンコールはジャズの名曲「My Hoolish Heart」、私の好きな
重久義明さんもカバーしていた曲なので、また拍手。

第1部終演後、「プレゼント」の抽選。
当選者2名は、なんとバックステージご招待!
記念撮影もあり!!

「当選の方・・・26番」

あーーーっ!!

あたし29番ですから・・・・・・・・残念!

|

« 【続】大江千里への道(3) | トップページ | 天使の歌声 »

コメント

kaoさん、こんにちは。
私は、これから横浜のライブに行って来ます。
ジャズのライブは、私も初めてなので、ちょっとドキドキ・・・。
でも、とても楽しみです。

それでは、「ヒールの靴でオトナの雰囲気で」の支度をして?
行って来まーす。(^^)/~~~

投稿: lavi | 2005.11.05 12:23

laviさん、もうお帰りでしょうか。
ライブは楽しんで来たかな~?

投稿: kao | 2005.11.05 23:29

kaoさん、ただいまー。
最初に、今日のコメントは少し長くなってしまいます。(^_^;)

ジャズのライブって、あんなに楽しいものなんですね。
知りませんでした。

私も、kaoさんと同じ「秋唄」をオーダーしました。
他にもオリジナルカクテルがあるかと思ったのですが、メニューにあったのは、この秋唄だけでした。
私は、ノンアルコールで作ってもらったので、グレイプフルーツの味がする少し甘いジュースでしたよ。kaoさんは、もちろんアルコール入りですよね。

ライブのほうは、本当に思っていた以上に楽しかったです。
千里さんが、河上さんやマイケルさんと一緒になって楽しんでライブをしているのが伝わってきて、私のほうも楽しさが倍増されたような気がしています。
三人共、本当にいい顔をしていました。
それから、私が見たステージでは、帽子はかぶっていませんでした。

そうそう、私の席は、通路をはさんで少し後ろの席でした。
バー用の椅子だったせいか、少し高く座りづらく失敗しなかなーと思っていたのですが、なんと、私の席の前を千里さんたちが通ってステージへ行かれたのです。
手を伸ばさなくても届いてしまうほど近い席だったので、ちょっと嬉しかったです。(^.^)

投稿: lavi | 2005.11.06 00:24

laviさん、ライブレポート(横浜)ありがとうございました。
新潟同様楽しかったようで、よかったですね。
カクテルはもちろん私はアルコール入りで、メニューには「秋唄」と「星への階段」がありました。
帽子は、つばのある黒い帽子(hat、になるのかな)で、それだけなら普通だったのですが、青い羽がいっぱいついていたんです(笑)
最後に、メンバーがステージから去る時、床に落ちていた青い羽を河上さんが拾って、最前列のお客さんに差し上げるというシーンもありました。
そんな楽しい雰囲気もある大江千里トリオ、またぜひやってほしいですね。

投稿: kao | 2005.11.07 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31750/6723783

この記事へのトラックバック一覧です: 【続】大江千里への道(4):

« 【続】大江千里への道(3) | トップページ | 天使の歌声 »