« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

人生相談

10年ほど前、ある日会社でアルバイトさんたちが
住所交換をしていて、お互い手帳に名前・住所・TELを
書きあっていた。

ある男の子が、TELの横に、

(人生相談AM2:00まで)

と書き添えていた。

AM2時頃までなら電話していいよ、ということ
なんだけど、若い彼が「人生相談」なんて言葉を
使っていたものだから、私はそのフレーズがすごーく
気に入ってしまった。

当時はまだ携帯など普及していなかった。
もちろんパソコンのメールも、一般の人はまだほとんど
使っていなかったと思う。

今だったら彼はアドレスの横に、(人生相談24時間OK)
と書くのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

業務連絡

昨日、背景を変えてみました。
ココログの新作テンプレート「若葉」です。
さわやかですね~~
こういう風景をみながらのんびりしたいですが、
今週末も仕事と某ボランティアに追われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

【短期連載】大江千里への道(最終回)

※5月14日、新潟フェイズでの
大江千里ライブに備えて、私が気分を
盛り上げるための勝手な連載でしたが、
ライブも盛況に終わり、連載も今回をもって
最終回とさせていただきます。

===

新潟人のノリのよさの話、つづき。
アルビレックス新潟、SMAP、そういえば
数年前の久保田利伸ライブも盛り上がって
いたっけ。

「センちゃんが『新潟サイコー』って
言ってたよ」と夫に話したら、呆れ顔で
「それはどこの会場でも言ってるの!」と。

確かに東京でも「トーキョー」と叫んでたし、
神戸に見に行った時は(私もよく行ったもんだ)
「KOBE~」とか言ってたような気がするし。
今日5月17日は札幌だから、「サッポロ~」と
叫ぶのだろう。

東京にいた頃はNHKホールや武道館に
通い、神戸や西武球場や横浜スタジアムまで
足を運んできた私には、ファンのノリも踊り方も
全国同じように見えるのだが、どういうわけか、
センちゃんの反応を見ていると、新潟の雰囲気は
何かが違うみたいなのだ。

次のライブまでに、どこが違うのか、私にわかる
だろうか・・・。

そう思いながら、帰り道は「黄色のレインコート」を
口ずさんで自転車を飛ばした。

ライブツアーの最終日、6月5日の渋谷は、
もしかしたら梅雨に入っているのかな?
そしたら会場にも黄色のレインコートの人が
いるかもしれませんね。(ちょっとネタバレ(笑))

「君」という曲は、名曲「塩屋」の続編のような
気がするkaoでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.14

【短期連載】大江千里への道(4)

※5月14日、新潟フェイズでの
大江千里ライブに備えて、私が気分を
盛り上げるための勝手な連載です。

===

新潟フェイズや萬代橋の写真を撮った
あと、いよいよ入場♪
前から4列目、チケットを取ってくれた
Y美ちゃんありがとうございますm(__)m

席に着き、ステージを見上げると、
そこにあったのは「部屋」だった・・・!
よく見ると、季節に合ってないようなものも?
その理由はひょっとしたら選曲か?

ほぼ時間通りに開始。
オープニングは、おお、あの曲が
「ゴーストライター」仕様になって登場。

久しぶりに聴いたあの曲や、もちろん
あの曲も・・・ふふふ。
(これからライブを見る方もいるかも
しれないので詳細は自粛します)

新潟フェイズで何度かセンちゃんの
ライブを見たけど、いつも
「新潟サイコー」と喜んでくれている。
どうもノリがいいらしい。

私(東京出身・千里ファン歴20年)から
みると、東京のファンも新潟のファンも
変わらない気がするんだけど。

新潟の人はおとなしいイメージがあるが、
J1のアルビレックスの盛り上がりもすごいし、
数年前にSMAPが新潟スタジアムで
ライブをやった時も、反応のよさに喜んで
くれていたらしい。
(それなのに、しばらく来てないぞSMAP)

東京出身だけど新潟に数年住んでいる
中途半端な私には、わからない何かが
新潟にはあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短期連載】大江千里への道(3)

※5月14日、新潟フェイズでの
大江千里ライブに備えて、私が気分を
盛り上げるための勝手な連載です。

===

5月14日、いよいよライブ当日♪

ミントさんからのコメントに、新潟フェイズの
ことが書いてあったので、入場前に写真を
撮ってみた。

Phase

新潟フェイズは萬代橋のたもとにあり、信濃川に
面している。これは萬代橋の上から撮ったもの。
何かあったらしく、おまわりさんがうろうろしてて
ちょっと不穏な感じ。
手前の「ラシントンカフェ」は眺めがよくて人気。
貸切で結婚パーティなどもするらしい。

ミントさんのコメントでは「シャッター建築」とのこと
だが、それは初耳だった。
「PHASE」の「S」の右側、シャッターが上がった
ような感じがする。そういえばあのあたりが入口
だった。
長ーいシャッターが壁になっているのだろうか。

中の様子は、天井の高い倉庫、って感じだけど。

萬代橋と信濃川、このあたりの風景は、
センちゃんお気に入りとのこと。
というわけで萬代橋の写真も撮ってみた。

bandaibasi1

センちゃんは新潟に来ると、朝などによく川沿いを
散歩しているらしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【短期連載】大江千里への道(2)

※5月14日、新潟フェイズでの
大江千里ライブに備えて、私が気分を
盛り上げるための勝手な連載です。

===

連載のタイトルを「千里の道も一歩から」
とかにすればオシャレだったかな・・・

5月13日、ライブ前日。
午前中「ゴーストライター」を2回聴く。
それにしてもこのジャケット、ほんわかした
色で、なごむイラストだが、ヘリコプターで
出勤か?!と突っ込みたくなる(笑)

午後から仕事。
職場に行く前と、仕事が終わった後
「もしかしたら新幹線でセンちゃんが
来るかも♪」と思って新潟駅をうろうろ
してみる。

が、そう簡単に遭遇するはずもなく・・・。

夜は某ボランティアの学習会があり、
帰宅が遅くなったので、結局昔のCDの
おさらいはできなかった。

しまった!着ていく服も決まってない(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

【短期連載】大江千里への道(1)

前回の記事で書いたように、今週の
土曜日は新潟にて大江センちゃんの
ライブ。

気がついたらあさってじゃないの(汗)
某ボランティアで忙しくて、全然気分が
盛り上がってない!

そこでライブに向けて、気分を盛り上げる
ために、大江千里ライブ準備ネタを連載
させていただきます。
ご了承ください。

===

さすがに今週は、1日1回以上は新譜の
「ゴーストライター」を聴いている。
だいぶ曲も覚えてきた。

定番曲のおさらいもしておきたいところ
だが、時間があるのだろうか?

ところで昨日、FM新潟サテライトスタジオ
の前を通ってみた。
過去何度か、ライブの前日にFM新潟に
出演していて、私も2回ほどこのスタジオで
センちゃんを見たのだ。

「今週のゲスト」一覧が貼ってあったが、
センちゃんの名前がない。
FM新潟のホームページで見てみると、
13日のゲスト欄に名前があったが、
生出演ゲストでなく「メッセージゲスト」
だった。
テープだけの出演ってやつだろうか。

これじゃ、前日新潟入りするのかどうか
わからない(>_<)
以前、東京駅の新幹線改札付近で
センちゃんを見たという人がいたらしい。
おそらく新潟にも上越新幹線で来ると
思うので、とりあえず、明日はなるべく
新潟駅の周辺をうろうろしてみたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.10

5月の音楽

ごぶさたしました。
ゴールデンウィークも終わったというのに、
今日は寒くて、フリースを着ています。

さて、
「323号室のステレオ」リストを入れ替えました。
※ここには、季節に合わせて好きな音楽や、
気になる音楽を挙げています。

●MAY STORM (山本達彦)

どういうわけか「様」をつけて呼びたくなる人って
いませんか?
たとえばS社の係長だったシノザキ様とか・・・
(って誰も知らないですよね、すみません)

山本達彦様もその一人で、
「ニューミュージックの貴公子」とか言われていた
せいか、「達彦さん」ではなく「達彦様」なんですね。
私の中では。

前置きが長かったですが、そんな達彦様のベスト盤
ツイン・ベストから1曲。
MAY=5月ということで選びました。

このアルバムには、80年代の名曲がたくさん収録
されています。今聴いても素敵です。

●都合いい友達 (大江千里)

4月20日に発売されたニューアルバム
ゴーストライターから1曲。

このアルバムを聴いて、なんだか懐かしさを
感じる演奏だと思いました。
どこが懐かしいのかというと、
「コンピューターを使っていない感じ」。
キーボードも「シンセサイザー」ではなくオルガンの
音がします。(本当はシンセなのかもしれないが)

この曲はサビの♪都合いい友達~というところの
ノリが気に入っています。
野球シーズンを迎えたこの時期「ゲームオーバー」
もよかったかな。

そして、5月14日に新潟でセンちゃんのライブが!
今までの例だと、前日に新潟入りして、地元の
FM(しかも公開放送)に出演するんだけど、
どうかなぁ~~楽しみです♪

●ずっと待っていたコト (野沢知子)

これも前置きが長くなりますが、
私の好きなミュージシャン安部恭弘さんの
ライブやレコーディングでピアノを弾いている
重久義明さんが、野沢知子さんのアルバム
「ENCONTRO(エンコントロ)」のプロデュースを
したということで、「ゴーストライター」と一緒に
注文して、聴いてみました。

ほぼ全編ポルトガル語詞のボサノバです。
ボサノバに合った、雰囲気のある歌声でした。
新居の日当たりのいいリビングで
(って、まだ引越し先決まってないけど)
聴いたら気持ちいいだろうなーー。

この曲は重久さんのオリジナルで、ここでは
野沢さんのポルトガル語詞と、重久さんの
オリジナル(日本語)詞が聴けます。
重久さんとのさりげないデュエットも素敵です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »