« 想定内 | トップページ | 男性は信号、女性は店 »

2005.03.14

×です

ライブドア・ニッポン放送・フジテレビ騒動。

11日、東京地裁がライブドアの申請を認め、
ニッポン放送の新株予約権発行差し止めとなった。
で、ニッポン放送亀渕社長のインタビューが
テレビで流れた。

記者「堀江さんとお話しになる可能性は?」
亀渕「裁判が終わるまで   です」

この空白のところで、亀渕社長は両手で×印を
作っていた。でも「バツ」とは発言していない。
無言で×印だった。

今、情報番組ではこういうインタビューの大半に
字幕がついているが、この時字幕を作った人たちは
悩んだだろうなぁ。だって音声ないんだもん。
見た限りでは「×です」と「-です」があった。

ところで、亀渕社長は元アナウンサーだったと聞いた。
この「  です」、当然ラジオでは伝わらないと思う。
以前ラジオ番組に携わっていた方なのに、この時
「これではラジオで伝わらないな」
とは思わなかったのだろうか?
テレビに映る、という考えしかなかったのだろうか?

|

« 想定内 | トップページ | 男性は信号、女性は店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31750/3296500

この記事へのトラックバック一覧です: ×です:

« 想定内 | トップページ | 男性は信号、女性は店 »