« ミトン、かわいい! | トップページ | 紀宮さま »

2004.11.11

いしいしんじ様

最近読んだ雑誌に
「大人になる前に読んでおくべき本は?」
というアンケートが出ていた。
私がお勧めするとしたら、やっぱりいしいしんじさんの
本でしょう。大人になる前、いや、なってからも。

そんなわけで
@niftyBOOKSを貼り付けてしまいましたが、
昔の「アムステルダムの犬」「とーきょーいしいあるき」が
見つからず、ちょっと残念。

「アムステルダムの犬」は名犬?パトラッシュとの
旅行記。他に「シーラカンス」という旅行記もあったな。
「とーきょーいしいあるき」は宝石箱?のような短編集。
「ぶらんこ乗り」は、文庫になっているということは、
きっと読んだ方も多いと思うけど、切ない感じがするよね。
「プラネタリウムのふたご」も。

(ちなみに私、プラネタリウムのふたごを書店で
手にとって、ページをめくりはじめたら、あやうく足が
床に根付きそうになりました)

その切なさよりも、笑いの方が前面に出てきていた
のが、アムステルダムやとーきょーだと思う。
思わず笑ったり、「こんな旅する人いないよ~」と
つっこみを入れたくなったりする。

今のいしいワールドが、切なさだけで終わらず、
強さが感じられたり、微笑ましさがあるのは、
アムステルダムやシーラカンスの旅などがベースに
なってるのかな、と思う。

そうそう、「とーきょーいしいあるき」を買った時、
読者カードが入っていて、
「送ってくださった方には著者のサインを
差し上げます」とあったので、さっそく感想を書いて
送った。
「きっとサインやメッセージを印刷したのが
届くのだろう」と思ってたら、
何と直筆のはがきが来てびっくり!!
私の書いた感想にもコメントしてくださって・・・
うれしかったなぁ。
もちろん、大切にとってあります。

※「トラックバック野郎」のお題「泣き笑い文庫」へのトラックバックでした。

【追記】2006.11.10
@nifty BOOKS現在貼り付けていません。
アマゾンでどうぞ⇒

【さらに追記】
アマゾンも貼るのやめたので
各自で探しに行ってね(逃run

|

« ミトン、かわいい! | トップページ | 紀宮さま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミトン、かわいい! | トップページ | 紀宮さま »